コールダー競馬場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コールダー競馬場
Calder Race Course
施設情報
所在地 フロリダ州マイアミガーデンズ
座標 北緯25度58分9.17秒
西経80度14分26.3秒
座標: 北緯25度58分9.17秒 西経80度14分26.3秒
開場 1971年5月6日
所有者 チャーチルダウンズ(CDI)
コース
周回 左回り
馬場 ダート・芝
(サラブレッド平地競走用)
テンプレートを表示

コールダー競馬場(コールダーけいばじょう、Calder Race Course)は、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミガーデンズにある競馬場サラブレッドによる平地競走を開催する競馬場で、プリンセスルーニーハンデキャップなどの大競走のほか、フロリダ州産馬限定競走なども行っている。

現在はカジノが併設されており、「コールダー・カジノ・アンド・レースコース(Calder Casino and Race Course)」を正式名称としている。日本語表記においては「カルダー競馬場」という表記も見られる。

概要[編集]

フロリダ州の競馬における主要な競馬場のひとつで、フロリダ州の主要空港から車で20分程度の距離の位置にあり、近隣にはサンライフ・スタジアムがある。

元はフロリダにおける夏季開催のために建設された競馬場で、現在では主に4月から10月までの夏季開催(コールダー・ミーティング)、および10月から1月にかけての秋冬季開催(トロピカル・ミーティング)が行われている。競馬場内で開催される競走のほか、サイマルキャスト放送による他場開催競走の馬券も購入することが可能で、またカジノも併設されており、通年において多角的な娯楽が提供されている。ただし立地条件からしばしばハリケーンの通過地点となり、突発的な開催休止がたびたび起きる。

また、競走馬の競り市が開催される会場としても使われ、オカラ・ブリーダーズセールやファシグ・ティプトン・セールといった重要な位置づけにある競り市もここで開かれている。

歴史[編集]

1971年5月6日に開設された競馬場で、競馬場の名称は開設を計画した不動産業者であるスティーヴン・A・コールダーに由来している[1]

1960年代当時、フロリダ州の競馬は主にガルフストリームパーク競馬場での春季開催と、トロピカルパーク競馬場での秋季開催が行われていた。コールダーはこのフロリダ州における夏季競馬開催を目的として新しい競馬場建設を立案し、建築家であるステファン・ザッカーとともに州に対して開催許可の申請を行った[1]。その後の1970年に認可が下されるが、その時はまだコールダー競馬場は建設中であった。このため、コールダーらはトロピカルパークの場内に3Mが用意した馬場素材を使用した専用トラックを設置し、そこでフロリダにおける夏季開催が初めて行われた[1]。トロピカルパーク競馬場は、コールダー競馬場が稼働した翌年の1972年に閉鎖されている。

コールダー競馬場は何度か所有者が替わった。最初は1988年にバートラム・R・ファイアストンによって買収され、後にカワサキ・リーシング社に再度買収された。1999年1月にチャーチルダウンズによって約8600万ドルで買収され、以後同社の所有のもとで運営されている。

2004年よりカジノを増設し、当初カードルームを設置したが、後の2006年にカードルームはガルフストリームパークへと移設された。その後はスロットマシンの導入に力を入れている。

以下はその他の同競馬場における出来事。

  • 1992年 - フェスティバル・オブ・ザ・サンが初開催される。
  • 2000年 - サミット・オブ・スピードが初開催される。
  • 2005年6月4日 - エディ・カストロ騎手がその日の開催のみで9勝を挙げ、北アメリカにおける同日最多勝記録の更新を達成した。
  • 2009年11月下旬 - 競走馬の1頭が馬ヘルペスウィルスを持っていることが発覚し、しばらく厩舎が隔離され、競走が中止される。

コース[編集]

コースはすべて左回りの楕円形で、ダートコースが外側、芝コースが内側に配置されている。

ダートコース
1周1マイル(8ハロン・約1609メートル)。バックストレッチに7ハロン戦(約1408メートル)用の、正面の直線奥に10ハロン戦(約2012メートル)用のポケットが存在する。
最後の直線は990フィート(約301.8メートル)。コースの最大幅は80フィート(約24.3メートル)。
芝コース
1周7ハロン(約1408メートル)。正面に向かって襷コースがあり、9ハロン戦(約1811メートル)に使われる。
最後の直線は986フィート(約300.5メートル)。コースの最大幅は75フィート(約22.9メートル)。

主な競走[編集]

2010年現在のコールダー競馬場における主な競走として、プリンセスルーニーハンデキャップなどがある。また、フロリダ州産馬限定競走も多く抱えており、2歳馬を対象としたフロリダ種牡馬産駒による限定三冠戦「フロリダスタリオンステークス」を開催する競馬場もここである。

コールダー競馬場のステークス競走はイベントによる集中開催が多い。最大のイベントは10月開催の「フェスティバル・オブ・ザ・サン」で、同日に7つのステークス競走が開催される。このほかでは、プリンセスルーニーハンデキャップなども開催される7月の「サミット・オブ・スピード」、11月のフロリダ産馬限定のイベント「フロリダ・ミリオン」などがある。

G2

脚注[編集]

  1. ^ a b c Calder Race Track - horseracing.info(英語)

外部リンク[編集]