コーリー・ゲインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コーリー・ゲインズ
Corey Gaines
フェニックス・サンズ AC
役職 アシスタントコーチ
ポジション
(現役時)
シューティングガード
背番号(現役時) 12,8,1,7,5
身長(現役時) --
体重(現役時) --
基本情報
本名 Corey Yasuto Gaines
ラテン文字 Corey Gaines
英語 Corey Gaines
誕生日 1965年6月1日(50歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
出身 UCLA
ドラフト 1988年 65位
選手経歴
1988-1989
1990
1990
1993-1994
1995
ニュージャージー・ネッツ
フィラデルフィア・76サーズ
デンバー・ナゲッツ
ニューヨーク・ニックス
フィラデルフィア・76サーズ
指導者経歴
2005
2006-2007
2007-2013
2013
2015-
ロングビーチ・ジャム
フェニックス・マーキュリー(AC)
フェニックス・マーキュリー
フェニックス・サンズ(AC)
フェニックス・サンズ(AC)
受賞歴
  • WNBAチャンピオン(2009)HC

コーリー・ヤスト・ゲインズCorey Yasuto Gaines1965年6月1日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のバスケットボール選手・指導者である。ポジションはガード。190cm。日本人の祖母を持つ。NBAフェニックス・サンズでアシスタントコーチを務めている。

来歴[編集]

ロヨラ・メリーマウント大学からNBAドラフト全体65位(3巡目)でシアトル・スーパーソニックスに指名される。

NBAではニュージャージー・ネッツフィラデルフィア・セブンティシクサーズデンバー・ナゲッツニューヨーク・ニックスの4チームで計5シーズンプレーした(1994-95はフィラデルフィアに復帰。)。NBAでは80試合出場248得点。1992-93はイタリアでプレー。

NBAを退いた後は、イタリア、トルコなど欧州を転々とし、1997-98には祖母の母国・日本のジャパンエナジーでプレーしたが、廃部に伴い帰国。

キャリア晩年はABAのロングビーチ・ジャムでアシスタントコーチ兼任としてプレー。そのときのチームメイトに田臥勇太デニス・ロッドマンがいた。2004年引退。

2005年、ロングビーチのヘッドコーチを務める。

同年、WNBAフェニックス・マーキュリーのアシスタントコーチに就任。

2007年シーズン途中、ヘッドコーチに昇格。2度の優勝に導く[1]。また、2008年には大神雄子を受け入れた。しかし、2013年8月に更迭された[2]

2015年5月29日、フェニックス・サンズのアシスタントコーチに就任した[3]>。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]