コーディ (ワイオミング州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コーディ(cody)はアメリカ合衆国の西部ワイオミング州パーク郡にある町。 町名はバッファロー・ビルこと、本名ウィリアム・フレデリック・コーディのコーディの名に因む。人口は8835人。

周りはロッキー山脈アブサロカ山脈ベアトゥース山脈に囲まれており、コーディから東にショショーニ国有林があり、町はイエローストーン国立公園から東へ約81kmに位置する。

1896年に「バッファロー・ビル・コーディ」こと、ワイルド・ウェスト・ショーのウィリアム・フレデリック・コーディを中心に、ジョージ・T・ベックら投資家達が、現在のオールド・トレイル・タウンと呼ばれる西部開拓時代の歴史建造物が残る地にコミュニティを創立。運河を造りビッグホーン盆地の土地を灌漑し、ショショーニ族の土地と灌漑会社を創立したことに始まる。キャリー法(Carey Act)による水源の販売利益による開拓を期待していた。バッファロー・ビルは町の創立に尽力した。いつしか町の名は投資家達により、彼の名を利用しコーディと呼ばれる様になった。ワイオミング州最古の商工会議所であるコーディ国商工会議所などが建てられ町は発展して行った。

1902年にコーディの町は合併。バッファロー・ビルはログキャビンのホテルを建て、娘アニーの名を名付けた。そして新しい町に拍車をかけるためバーリントン鉄道を誘導し、イエローストーン国立公園東部への開拓の道を開いた。その後も更なる町の経済強化のため、バッファロー・ビルは友人のセオドア・ルーズベルト大統領にアメリカ開墾局の設立と、灌漑と電力補給のためにショショーニ・プロジェクト呼ばれる、ダムとため池の建設を要請。1905年から建設が始まり、1910年にバッファロー・ビル・ダムが完成した。1909年にパーク郡が組織された。1930年世界恐慌が町を襲うが、第一次世界大戦まで速いペースで町は発展し続けた。

コーディは西部開拓時代カウボーイ文化を今なお色濃く残している。1895年に創立されたオールド・トレイル・タウンと呼ばれる開拓時代の歴史建造が残る博物館の様になっている場所や、町の英雄バッファロービルの銅像がある、バッファロー・ビル歴史地区には博物館などあり、バッファロー・ビル コーディ・スタンピード・ロデオ、コーディ・ナイト・ロデオなどロデオ大会が盛んである。路上でのガンファイトショーなども行なわれる。ショショーニ族シャイアン族クロウ族などの平原インディアンによるパウワウも開催されている。

その他の名所にはバッファロービル州立公園、ミーティートス銀行博物館、テカムセの旧西ミニチュアビレッジ&博物館 ビッグホーンキャニオン国立保養地、付近にあるイエローストーン国立公園などがある。

著名人[編集]

外部リンク[編集]