コーチング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コーチング(coaching)とは、人材開発の技法の1つ。対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術である。相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すコミュニケーション技法である。

コーチング(coaching)の語幹である英語coach という単語語源は、ハンガリーkotʃ 地方で製造された馬車が優れていたことに由来し、今日でも乗り物の類がコーチ(coach)を付けた名称で呼ばれることは多い。

かつてイギリス学校家庭では、児童に対するしつけムチを使って臀部を叩くことが慣習化していたが、やがて「指導する」という意味でcoach動詞としても用いられるようになった。これが指導を意味するコーチ(coach)の語用の始まりであり、コーチングという用語はここからきている。

概要[編集]

コーチングはカウンセリングの質問技法[1]の中のフィード・フォワード質問や具体化質問など、狭い領域に絞り込んだ目的思考の質問[2]をビジネスライクに行うことに特徴がある。また、クライアントへの「助言・力づけ・援助」[3] をクロージングとするカウンセリングと異なり、コーチングはそれらを「承認」に代える。

カウンセリングや心理療法は、提唱者や研究グループの名前が冠せられたり、礎となった理論仮説や理念・信念を表出した名称が付与されるが、コーチングの場合は自己啓発セミナーと密接な関係が指摘される以外、詳細な出自・経緯は明らかとなっていない[4]。また、心理学とは看做されないため通俗心理学等の批判は受けない。

ただし、コーチング(coaching)は動詞(coach)としての用法が曖昧なまま動名詞*ing )として使用されたこと、ハンガリー語kotʃ が英語のスラングCock を連想させること、加えて自己啓発セミナー的であることなどから、海外ではウィキペディアでも批判的・揶揄的に記述されることがある。

また、アメリカではコンサルティングやインストラクティング、ときにカウンセリングの事業所を新規開業する際、既存事業者との差別化を図るためにコーチングという名称を安易に使うケースがあり、そうした英語圏の混乱が日本に波及した面もみられる。

コーチング技術[編集]

市販の書籍などには「傾聴」から始まってさまざまな質問の仕方などが載っているが、教科書に書いてあるままの質問を投げ続けるだけではコーチングにはなりえない。経験と心理学に関する素養などに基づいて、適切な分析と判断を行った上での質問でなければ、本来の効果は期待できない。

コーチングの基本[編集]

コーチングの基本とされているものの中からいくつか列挙する。

モチベーション[編集]

これがなければ学習効果は決して上がらない。 自ら学ぶ、自ら問題を解決する、という姿勢を作り出さなければならない。

観察(傾聴)[編集]

すべての人間に個性があり、理解が早い人も遅い人もいる。個人の能力をそれぞれ伸ばすためには、同じ課題を与えても結果は異なることを前提とし、個人に対する観察、把握、分析が必須である。

コミュニケーション(質問)[編集]

表情や動作などの非言語によるコミュニケーションを含め、コーチングを行う上での基本。 自分の主張だけをしたり、あらかじめ用意されたテキストや質問を読み上げるだけでは、コーチングにはならない。

考える力(承認)[編集]

コーチングを受ける側に、考えて自ら問題を解決する力をつけさせるのが、コーチングの最終的なゴールとなることを忘れてはならない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ カウンセリングは「ラポールの形成」や「傾聴・共感」を重視するとともに、広範かつ重層的な質問技法を有し、クライアントへの関与目的やカウンセリングの進行状況に合わせて適宜・適切な質問を選択的に行う。
  2. ^ GROWモデルと呼ぶコーチング・セミナー会社が多い。
  3. ^ クライアントの内発的・自発的な行動変容や既成概念の打破を惹起するために、助言は基本的に行うべきでないとする考え方から、必要に応じて指示的・教育的な助言も行うべきであるとする考え方まで、カウンセリングの各種アプローチや目的によって、見解や関与態度・手法が最も分かれる部分である。
  4. ^ コーチング・セミナー会社の中には、トム・ピーターズなどの知名度を有する経営学者の著作の中から、文脈上たまたまcoaching と表記された箇所を抜き出して、それにコーチングの起源の一端が見られると喧伝したケースがある。