コーサイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コース石
分類 酸化鉱物(ケイ酸鉱物)
シュツルンツ分類 4.DA.35
Dana Classification 75.1.4.1
化学式 SiO2
結晶系 単斜晶系
へき開 なし
モース硬度 7.5
光沢 ガラス光沢
白色
条痕 白色
比重 3.0
文献 [1][2][3]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

コーサイトcoesiteコース石[4])は、鉱物の一種。化学組成は SiO2二酸化ケイ素)、結晶系単斜晶系

産出地[編集]

コース石は、1953年ローリング・コースJr.によって最初に合成された。

1960年に、天然のコース石がユージン・シューメーカーによってバリンジャー・クレーターで発見され、それが隕石衝突によって作られるという証拠とされた。

キンバーライト捕獲岩からも発見されている。

性質・特徴[編集]

コース石の構造

非常に高い圧力と適度に高い温度(約700℃)が石英に加わるときに形成される二酸化ケイ素の結晶形の一つ。

コース石の分子構造は、輪になって手配される4つの二酸化ケイ素四面体から成る。それぞれの輪は、さらに鎖状に配置される。この構造は、二酸化ケイ素の準安定構造で、結局、徐々に石英へと変化する。しかし、地球の表面のような低温下では非常に遅い化学変化である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 理科年表 平成20年』 国立天文台編、丸善2007年、646頁。ISBN 978-4-621-07902-7
  2. ^ Coesite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=1104 2012年3月31日閲覧。  (英語)
  3. ^ Coesite, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Coesite.shtml 2012年3月31日閲覧。  (英語)
  4. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、83頁。ISBN 4-8181-8401-2

関連項目[編集]

参考文献[編集]