コーイケルホンディエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コーイケルホンディエ

コーイケルホンディエ: Kooikerhondje)は、オランダ産の中型犬の一種。俗にコイケルホンド、コイケル等と呼ばれる。

日本ではまだ知名度が低く、ブリーダー自体もまだまだ少ない。

JKCの登録頭数は、1999年に6頭で近年は132頭(2007年)、87頭(2008年)、115頭(2009年)、96頭(2010年)、85頭(2011年)、112頭(2012年)、80頭(2013年)と100頭前後で増えてきている。

近親繁殖にならない注意が必要である。

歴史[編集]

16世紀からオランダでカモ猟に使われていた犬。

が発明される以前のカモ猟では網が用いられていたが、網を打つ前に鳥をおびき寄せるのがこの犬の仕事だった。 カモ猟では、ふさふさした尾を茂みの中から見え隠れするように動かし、仕掛けた網や、銃の射程距離内にカモをおびき寄せていた。


第2次世界大戦が終了するまでには殆どが全滅してしまい、一時期は世界で5頭までに減少した。現在では愛好家の努力によって少しずつ増えてはいるが、依然として本国オランダ以外では非常に希少な犬種となっている。現在では、主にペットとして生存している。

特徴[編集]

  • 体重は約7〜15kg、体高は35〜40cm。
  • 体高と体長がほぼ等しい。
  • 垂れ耳には豊富な飾り毛と垂れ尾を持っている。
  • 被毛は、真直ぐ、或いは軽くウェーブした長めの被毛を持っている。耳や腹、尻、四肢などには飾り毛があり、特に尾には豊富な飾り毛を持っている。
  • 元々猟犬であるため、ボール遊びなど十分な運動を必要とする。
  • 性格は、陽気で気立てが良い。フレンドリーで活発、環境適応性が広く遊び好き。頭もよく、飼い主や家族に忠実である。

関連項目[編集]