コンフュージョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンフュージョン
ニュー・オーダーシングル
リリース 1983年8月
ジャンル エレクトロ・ポップ
レーベル ファクトリー・レコード
プロデュース ニュー・オーダー、アーサー・ベイカー
ニュー・オーダー シングル 年表
ブルー・マンデー
(1983年)
コンフュージョン
(1983年)
シーヴス・ライク・アス
(1984年)
テンプレートを表示

コンフュージョン」(Confusion)は、イギリスバンドニュー・オーダー1983年に発表した楽曲である。

概要[編集]

大ヒット曲「ブルー・マンデー」に続いて発表されたこの曲はニューヨークDJであるアーサー・ベイカーがプロデュースした。ニューヨークで録音し、同時にプロモーション・ビデオの撮影も行った。当時のエレクトロヒップホップの影響が色濃い楽曲である。

ファクトリー・レコードのカタログ番号はFAC 93。全英チャート12位、全米ダンスチャート5位を記録した。

日本国内盤[編集]

日本では当時ファクトリー・レコードの販売を行っていた日本コロムビアより12インチシングルとしてリリースされた。収録曲は以下のとおりで海外盤と同じである。なお日本盤12インチシングルでは帯に歌詞が印刷されていた。

Side-A
  1. コンフュージョン Confusion - 8:12
  2. コンフュージョン・ビーツ Confusion Beats - 5:19
Side-B
  1. コンフューズド・インストゥルメンタル Confused Instrumental - 7:38
  2. コンフュージョン(ラフ・ミックス) Confusion (Rough Mix) - 8:04

備考[編集]

  • 1987年にリリースされたベスト・アルバムサブスタンス』には再び録音されたニュー・ヴァージョンが収録された。なおオリジナル・ヴァージョンは2002年CD-BOXレトロ』にも収録されている。また『レトロ』にはKoma & Bonesによるリミックス・ヴァージョンも収録されている。
  • 1995年にはアシッドハウスのアーティストPumpPanelによるリミックス・ヴァージョンが発表されている。元々はニュー・オーダー側の依頼によるリミックスではなく、PumpPanel名義のシングルとしてニュー・オーダーのライセンスを得たうえでボーカルトラックを使用したカヴァー的な性格の作品となっている。その中の1バージョン「Pump Panel Reconstruction Mix」は彼らのベスト・アルバム『ザ・レスト・オブ・ニュー・オーダー』にも収録され、1998年の映画『ブレイド』のサウンドトラックとしても使用された。
  • 1995年(2001年)には、上記のリミックスをもとにした、英国のトランス・テクノ・アーティストでもあるPublic Domain のシングル(Operation Blade)が大流行した後、更にドイツのトランス・アーティストでもある、Warp BrothersとAquagenのシングル(Phatt Bass)でも使われている。この2曲は、TB-303のシンセが特徴的なトランス名曲でもある。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。