コンフォタブリー・ナム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンフォタブリー・ナム
ピンク・フロイド楽曲
収録アルバム ザ・ウォール
リリース 1979年11月30日
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間 6分21秒
レーベル EMI
作詞者 ロジャー・ウォーターズ
作曲者 ロジャー・ウォーターズ
デヴィッド・ギルモア
プロデュース ロジャー・ウォーターズ
デヴィッド・ギルモア
ボブ・エズリン
その他収録アルバム

ザ・ウォール・ライヴ:アールズ・コート1980-1981
エコーズ〜啓示

ザ・ウォール 収録順
ブリング・ザ・ボーイズ・バック・ホーム
(5)
コンフォタブリー・ナム
(6)
ザ・ショウ・マスト・ゴー・オン
(7)

コンフォタブリー・ナム通称「ザ・ドクター」(Comfortably Numb)は、1979年に発表されたピンク・フロイドアルバムザ・ウォール』の収録曲。作詞ロジャー・ウォーターズ作曲デヴィッド・ギルモア

アルバムのストーリーが後半へと展開していく段階の曲で、生気を失った主人公(ピンク)をドラッグによって意思を医師が覚醒させるという内容。ヴォーカルはドクターパートをウォーターズ、ピンクをギルモアが担当している。また、ギルモアのギター・プレイは、彼のベスト・プレイにも挙げられる。DiditalDreamDoor.comが選出した「偉大なギターソロトップ100」では見事1位に選ばれ[1]、2009年に『Guitar World』誌が選出した「50グレイテスト・ギター・ソロ」では4位となった[2]

元々は、ギルモアが1978年に発表したソロアルバム『デヴィッド・ギルモア』のレコーディング・セッション時に出来ていたアイデアであり、ギルモアがこの曲を『ザ・ウォール』に流用したものである。

シングル・カットされたわけではないが、現在でも高い人気を誇る楽曲である。1984年のギルモアのソロ・ツアー、1987年1994年ピンク・フロイドのツアー時、1990年代以降ではウォーターズのソロ・ツアーでもライヴの終盤に演奏されている楽曲である。また、ウォーターズが復帰した2005年7月LIVE 8のステージにおいてもトリに演奏されている。

カヴァー[編集]

2004年にはシザー・シスターズによるカヴァーがシングルとしてリリースされ、全英シングルチャートで10位に達した[3]

脚注[編集]