コンピュータのファイル管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンピュータのファイル管理とは、コンピュータ上のドキュメントデータファイル内で操作することである。

具体的に言えば、新たなファイルの作成、既存のファイルを編集して「保存」(セーブ)、既存のファイルを記憶装置へと「開く」(オープン)または「読込」(ロード)、保存せずに「閉じる」(クローズ)することなど。それに加え、「ディレクトリ」または「フォルダ」と呼ばれる構造への関連するファイルの格納がある。

これらの作業の方式はオペレーティングシステム (OS) の種類によって異なった進化を遂げており、ユーザインタフェースのデザイン、そしてある程度は使用する記憶媒体にも依存する。

ファイル管理のパラダイム[編集]

上記のファイル管理パラダイムが主流なものであるけれども、より効果的で便利なパラダイムの創建が試みられてきた。ファイルを「保存」するという概念は特にアプリケーションによる多くの革新の対象となった。例えばそれはオートセーブ機能(定期的にファイルの変更を保存することでクラッシュ停電などに備える)である。また、完全に「保存」コンセプトから外れたものもあり、典型的なものでは、「保存」するという選択肢を与えられることなくファイルを開閉する。そのようなアプリケーションは通常、あらゆる変更の保存なしでファイルを閉じる概念に代わりマルチレベル「アンドゥ」機能を持つ。

ファイルの階層の概念[編集]

ファイルを物理的にどう配置し、論理的にどう管理するかは、そのOSのファイルシステムによる(ファイルシステムによっては、断片化が発生せず、階層型でないものもある)。以下はMS-DOSUNIXLinuxなどの階層型ファイルシステムについて述べる。

ファイルは記憶媒体にバイナリ形式で記録されており、その位置で管理することもできる。物理的にはデータはあまり組織化されていない(断片化した)構造に置かれている(フラグメンテーション)。

しかしながら「ディレクトリ」(DOSUNIXLinux)または「フォルダ」(Mac OSおよびWindows)の中のファイルのグループ化はFile Allocation Table(近年のWindowsにおけるNTFS)またはマスタファイルテーブルと呼ばれるファイルの索引情報(使用OSにより異なる)を変える事で行われる。

この索引では、記憶媒体中の各々のファイルの場所と共に、ディレクトリの階層でのファイルの位置が記憶される。この階層構造はDIRやLSといったコマンドやExplorerFinderで見ることができる。

UNIX/Linux マシン上の階層:

  • ルートディレクトリ (/)
    • ディレクトリ (/usr 「ユーザ」 または /dev 「デバイス」)
      • サブディレクトリ (/usr/local)
        • ファイル:データ、デバイス、リンク、その他。(/usr/local/readme.txt または /dev/hda1, ハードディスクデバイス)

DOS/Windowsの階層:

  • ドライブ (C:)
    • ディレクトリ/フォルダ (C:\My Documents)
      • サブディレクトリ/サブフォルダ (C:\My Documents\My Pictures)
        • ファイル (C:\My Documents\My Pictures\VacationPhoto.jpg)

コマンド:

  • Unix/Linux: cp, mv
  • DOS: copy, move
  • Windows: Explorerのファイルメニューの切り取り/コピー/貼り付け コマンド

によって別ディレクトリへのファイル管理(コピーまたは移動)ができる。

関連項目[編集]