コンビーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポズナン(ポーランド)での採用例
ブダペスト(ハンガリー)でのコンビーノ・プラス採用例。

コンビーノ (Combino) はシーメンス (Siemens AG) 交通システム部 (Verkehrstechnik-Sparte) 製の低床路面電車である。

それまでも低床型路面電車を開発していたデュワグ(DUEWAG)社が、1996年に新設計のコンビーノ試作車を発表した。その後デュワグがシーメンス傘下に入ったため、現在はシーメンスの名で販売されている。ドイツを中心に500編成以上が納入されており、低床路面電車としては最大の勢力となっている。3車体連接車に関してはバンビーノ(Bambino)という愛称もある。


仕様[編集]

コンビーノの編成

さまざまな仕様に対応可能なモジュール構造をとっている。車体はアルミニウム製で、台車を持つ短車体と、この間をつなぐ台車のない長車体(フローティング車体)を交互につないだ、3車体連接(約19m)、5車体連接(約30m)、7車体連接(約42m)、9車体連接(約53m)の編成が組め、車体幅も2300mm、2400mm、2450mm、2650mmの4種類の製作実績がある。2000年のエアフルト投入車から車体デザインが変更され、先頭部モジュールの長さが5840mmから6320mmに、車体高さが3200mmから3300mmに変更された。軌間はメーターゲージから標準軌までに対応、また一方向のみ運行の仕様(片運転台、一方の側面に客用扉)とすることも両方向運行の仕様(両運転台、両側面に客用扉)とすることも可能となっている。完全低床を実現するため、車輪は左右独立とし、両軸の主電動機を軸間の台車外側に配置し、ベベルギア直角中空軸積層ゴム駆動方式で前後の車輪を駆動している。左右の主電動機は1台のインバータで駆動される。台車には撒砂機・フランジ塗油機の取り付けが可能。電気部品の大半は屋根上に装備している。動力は全台車に搭載可能だが、要求される性能次第で付随台車にする場合も多い。ノルトハウゼンに導入されたコンビーノデュオ (CombinoDuo) はディーゼル発電機を搭載し、非電化区間では電気式気動車 (気動車・ディーゼル機関車の動力伝達方式を参照) として走行できるようになっている。

諸元[編集]

以下の諸元は過去の実績に基づく標準的な数値。

  • 車体幅 : 2300mm / 2400mm / 2450mm / 2650mm
  • 全長
    • 先頭部モジュール : 5840mm / 6320mm
    • 中間部台車付モジュール : 4040mm
    • 中間部台車なしモジュール : 5770mm / 7400mm
  • 車体高 : 3200mm / 3300mm
  • 全高(パンタグラフ降下時) : 3510mm
  • 床面高さ : 300mm
  • ドア
    • 幅 : 1300mm (両開き) / 650mm (片開き)
    • ドア高さ : 2100mm
  • 軌間 : 1000mm / 1435mm
  • 架線電圧 : 600V / 750V
  • 最高速度 : 70km/h
  • 制御装置 : 2ステップ制御空冷式IGBTインバータ (1C2M制御、トラクションコントロールはSIBAS32
  • ブレーキ : 油圧ブレーキ・電力回生ブレーキ発電ブレーキ電磁吸着ブレーキ
  • 台車
    • 形式 : SF30-TF
    • 軸距 : 1800mm
  • 動力ユニット
    • 形式 : 1TB1422-0GA03
    • ギア比 : 5.4444
  • 主電動機
    • 定格出力 : 100kW
    • 定格回転数 : 1580rpm
    • 最大回転数 : 4000rpm
    • 定格電圧 : 380V
    • 最大電圧 : 702V
    • 定格電流 : 221A
    • 最大電流 : 259A
  • 車輪径(磨耗時) : 600mm (520mm)
  • 最大軸重 : 10.0t
  • 最小通過可能横曲線半径: 15-18m
  • 最小通過可能縦曲線半径: 125m
  • 設計耐用年数 : 少なくとも30年

導入都市[編集]

都市 事業者 形式 投入時期 全長 空車重量 着席定員 編成数(受注数) 備考
デュッセルドルフ 1996年 5/7車体 99編成
ポツダム 1998年 5車体 16編成 当初48編成の予定だったが32編成はキャンセル
アウクスブルク 1999年 41960mm(7車体) 43.7t 101人 41編成
フライブルク 1999年 41960mm(7車体) 44.0t 82人 9編成(18編成)
広島 広島電鉄 5000形 1999年 30520mm (5車体) 35.0t 52人 12編成 宮島線ホーム高さにあわせ床面高さを330mmとしている。
先頭部デザインをカスタマイズ。
パンタグラフを2基装備。
車掌乗務に対応。
バーゼル 2000年 42860mm (7車体) 47.468t 99人 28編成 パンタグラフをポイントの制御に使用しているため、パンタグラフを先頭車体に装備。
エアフルト 2000年 20040mm (3車体)
31480mm (5車体)
23t / 34t 37人 / 60人 31編成 備考
ノルトハウゼン 2000年 8(10)編成
アムステルダム トラム 2001年 29200mm (5車体) 34.5t 60人 120編成(155編成) 先頭部デザインをカスタマイズ。
中間車体に7400mmと5770mmを使用しており、前後非対称。
車掌乗務に対応。5770mmの中間車体に車掌スペースを設置している。
メルボルン 2002年 20040mm (3車体)
29850mm (5車体)
25.8t / 35.3t 36人 / 64人 59編成 5車体連接車は中間車体に7400mmと5770mmを使用しており、前後非対称。
スルデテホ
(Sul do Tejo、リスボン南郊)
24編成
ウルム 2003年 8編成
ベルン 2003年 5車体 15編成
ポズナニ 2003年 14編成
ヴェローナ 2004年 全長 空車重量 22編成
バレンシア 2005年 10編成
ブダペスト コンビーノ・プラス 2005年 約54m (6車体) 空車重量 着席定員 (40編成) 貫通編成の路面電車としては世界最長である。

リコール[編集]

2004年3月12日、シーメンスはコンビーノの車体強度に問題があることを明らかにした。衝突時に天井が抜け落ちる可能性があり、120000km以上走行したコンビーノを営業運転から外すように運営各者に要請した。実際古いコンビーノからはアルミ車体の継ぎ目にヘアークラックが見つかっている。シーメンスは補強工事を行うことにしている。これにともない、ポツダムは32編成の導入予定を取り消した。

コンビーノ・プラス[編集]

前述のリコール以降、シーメンス社は全くの新設計となる「コンビーノ・プラス」を開発した。これは従来のフローティング構造を採用したDUEWAG社以来の客室モジュール設計を廃し、各車輌に台車を設ける構造に改め、車輌鋼体の強度を高めた設計である。なおこれは旧ADtranz社(現ボンバルディア社)のブレーメン形に近い設計となる。2006年以降、ブダペスト(ハンガリー)、リスボン(ポルトガル)等で採用されている。

関連商品[編集]

シーメンスの路面電車としては部分低床で高速運転 (最高速度105km/h) を可能としたS70(ヨーロッパ市場向け)/アヴァント (Avanto、その他市場向け)やウイーンに1995年に登場した世界最低床 (客用扉部はレール面上197mm) のウルフ(ULF)がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]