コンパートメント車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロイセンの3等コンパートメント車(compartment coach)

コンパートメント車(コンパートメントしゃ)は、内部にコンパートメント(区分室などとも呼ばれる)を持ち、座席がそれぞれの室内に配置される鉄道車両の種類で、開放座席車と対立する概念である。日本の個室車両と異なり、部屋単位ではなく座席単位の販売で見知らぬ客が乗り合わせることもあった。

このうち英語で"compartment coach"と呼ばれるタイプは、車内がコンパートメントで区切られるとともに、各客室の脇にドアがあり、相互の行き来はできないものである。馬車の車体をモデルにしたもので、鉄道の初期に多く用いられた。日本語では「総扉式」と呼ぶこともある[1]

一方、"corridor coach"と呼ばれるタイプは、車両の片側に長手の廊下があり各客室のドアは廊下に面して、車室相互の行き来や他の車両との移動ができるものであり、ヨーロッパの鉄道の客車では開放座席車よりも長く好んで用いられた。日本語では「側廊下式」などともいう。なおドイツ語では両方のタイプを一括して"Abteilwagen"と呼ぶ。

このほかにルーメットのように中央に通路を持ち両側にコンパートメントを設けるタイプの車両もある。

イギリスでの起源[編集]

当初のコンパートメント車(compartment coach)は、1車両にいくつかの区切られたコンパートメントがあり、各々のコンパートメントが別々に乗客の乗降用のドアを持つものであった。この形式のコンパートメント車は、郵便馬車の本体を鉄道用の台車に載せたようなものとして、イングランドの鉄道のごく初期の時代に開発された。この形式の車両はヨーロッパのほぼ全体で使われ、1930年代まで製造された。大陸では、この形式はしばしばイギリス式客車と呼ばれた。なお、発車してしまえば各コンパートメントが完全な密室となるため、初期の推理小説で殺人事件の舞台としても用いられている。

側廊下式客車[編集]

フランスの側廊下式客車(SNCF A9u)の平面図
オーストリアのコンパートメント車の車内

こうしたコンパートメント車は、今日の古典的な急行列車用客車(corridor coach, 側廊下式コンパートメント車)と混同してはならない。側廊下式コンパートメント車は一方の側の長手方向に廊下を持ち、分割されたコンパートメントと、出入り台、おおいのある貫通路をもっていて、1900年代初期に大陸ではアメリカ式客車と呼ばれていた。側廊下式車両も、内部に中央通路をもつ現代の開放座席車とは異なる。側廊下式の初の客車は、1892年にプロイセンで走りはじめた。

脚注[編集]

  1. ^ 久保田博『鉄道車両ハンドブック』グランプリ出版、1997年、185頁。