コンパル・エレクトロニクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンパルエレクトロニクス
Compal Electronics, Inc.
Compal Electronics title 2011-02-08.jpg
種類 有限公司
略称 仁宝、仁宝電脳、コンパル、Compal
本社所在地 中華民国
台湾台北市
設立 1984年
事業内容 パーソナルコンピュータ電子部品
従業員数 30000人以上(2008年)
主要子会社 コンパルコミュニケーションズ
外部リンク http://www.compal.com/
テンプレートを表示

仁寶電腦工業股份有限公司(Compal Electronics、コンパルエレクトロニクス)は台湾に本社を置くパーソナルコンピュータおよび電子部品メーカー。

概要[編集]

1984年にコンピュータ周辺機器を生産する会社として創業[1]した。

コンパル・エレクトロニクス本社
(台湾台北市内湖区瑞光路)

長らく中国江蘇省崑山市工場を構えていたが、2007年11月よりベトナムゲアン省ヴィンの工場でも製造を始めた[2]

デル東芝エイサーなど世界中のメーカーからパソコンのOEM・ODM生産を受けており、その受注規模は年々増えつつある[3]。特にノートパソコンの市場規模は同じくOEM・ODM生産を行っているクアンタ・コンピュータと世界のトップを争っている[4]。また東芝へは液晶テレビも供給しており、同社のテレビ生産量の9割が東芝によるものである(2009年時)[5]。また、この取引が縁で2011年にはメキシコ、2014年にはポーランドに存在した東芝のテレビ製造拠点を買収している[6]

スマートフォン含む携帯電話をOEM・ODM生産する華寶通訊(コンパルコミュニケーションズ)を子会社として持つ。同社の生産する携帯電話はその9割以上がモトローラへ供給される[7]

出典[編集]

外部リンク[編集]