コンパイ・セグンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンパイ・セグンド
COMPAY SEGUNDO
Compay Segundo by David Shankbone.jpg
基本情報
出生名 フランシスコ・レピラード
Máximo Francisco Repilado Muñoz
出生 1907年11月18日
キューバの旗 キューバシボネイ
出身地 キューバの旗 キューバサンティアーゴ・デ・クーバ
死没 2003年7月13日(満95歳没)
ジャンル キューバ音楽
職業 歌手ギタリスト作曲家
担当楽器 ギタークアトロクラリネット
活動期間 1922年 - 2003年
レーベル ワーナー・ミュージック
共同作業者 ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

コンパイ・セグンドCompay Segundo1907年11月18日 - 2003年7月13日)は、キューバ出身の歌手ギタリスト作曲家である。本名はフランシスコ・レピラード

来歴[編集]

1907年キューバ東部の山間部に位置するシボネイに産まれる。15歳の頃からシボネイに近いサンティアーゴ・デ・クーバで演奏を始め、さらに1934年ハバナに移った[1]1939年に結婚し、妻との間に5人の子供を儲けた[2]1940年代に友人と2人で「ロス・コンパードレス」というユニットを結成し、2人の仲間(コンパイ)のうち、低音の第二声(セグンド)を担当した事から、コンパイ・セグンドと名乗るようになったという[1]。やがてミュージシャンとして頭角を表したが、次第に表舞台に出なくなり一時は葉巻職人として生計を立てていた[2]

ライ・クーダーがプロデュースしたブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブに参加し、その中心的な存在となった[1]1997年に発表された『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』が翌年のグラミー賞を受賞し、さらに1999年にバンドの活動を描いた同名の映画が世界的にヒットすると、セグンド自身も世界的なスターとなった[1]

90歳を超えてからの活躍はカストロ議長ヨハネ・パウロ2世にも讃えられ、彼自身も彼の祖母と同じ115歳まで生きると予言していたが、2003年腎不全により95歳で逝去した。

音楽家として[編集]

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブがブレイクしてからは、しぶい低音の歌声とダンディーなスタイルで広く人気を博した[1]クラリネット[3]クアトロを演奏し[1]、歌手としては友人が作曲した『Guantanameraスペイン語版』を得意としていた[2]

作曲した代表的な作品として『Chan Chanスペイン語版』があり[2]、他のラテンアメリカのアーティストだけでなく、様々なバージョンのセルフカバーが残されている。他に、「Saradonga」「La calabaza」「Hey caramba」「Macusa」「SaludoCompay」など。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 1998年 ロ・メホール・デ・ラ・ビダ
  • 1999年 ヨ・ベンゴ・アキ
  • 1999年 カジェ・サルー
  • 2001年 ラス・フローレス・デ・ラ・ビダ
  • 2002年 デュエッツ
  • 2003年 グラシアス!グレイテスト・ヒッツ

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 朝日新聞、2000年1月8日付夕刊、P.3
  2. ^ a b c d 朝日新聞、2006年9月23日付朝刊、be週末版、P.9
  3. ^ 朝日新聞、2000年12月11日付夕刊、P.3

外部リンク[編集]