コンドロクラディア・リラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンドロクラディア・リラ
分類
: 動物界 Animalia
: 海綿動物門 Porifera
: 普通海綿綱 Demospongiae
: 多骨海綿目 Poecilosclerida
: エダネカイメン科 Cladorhizidae[1]
: コンドロクラディア属 Chondrocladia
: コンドロクラディア・リラ C. lyra
学名
Chondrocladia lyra
Lee et al., 2012

コンドロクラディア・リラChondrocladia lyra)は深海に棲む肉食性の海綿動物の一種。種小名lyraハープの意であり[2]、名前通りハープの弦のような多数の枝を持った放射相称の海綿である。

調査[編集]

本種は2000年に初めてモントレー湾水族館研究所Monterey Bay Aquarium Research Institute; MBARI)による調査でカリフォルニア沖の水深 3316-3399m から発見され、2012年に報告された。これまでに2000年と2005年の調査で1個体ずつ、計2個体が採集されている[3]深海探査艇‎によるビデオ撮影ではさらに多数の個体が確認されている。

特徴[編集]

体制は放射相称である。体の中心部より放射状に伸びた1-6本の匍匐枝(stolon)を基部とし、ここから垂直枝(vertical branch)が伸びている。枝は末端ほど短くなり、一本の匍匐枝とそれに付随する枝で直角三角形の羽根板(vane)を形成する[4]。垂直枝の末端には terminal ball と呼ばれる球体が付いている。また枝の中程には branch swelling と呼ばれる瘤を持つ枝もある[5]。垂直枝は全体に渡って lateral filament と呼ばれる棘状の構造を備えており、これで小さな甲殻類などを捕食していると考えられている[6]

コンドロクラディア・リラの大きさの範囲は定かでないが、ホロタイプに指定された個体(羽根板3枚)の羽根板の大きさはそれぞれ 36.9/26.3/26.6cm であった[7]。また垂直枝の数はそれぞれ32、24、17本であった[8]

参考文献[編集]

  1. ^ 科以上の分類と訳語はBiological Information System for Marine LifeJAMSTEC)に基づく。
  2. ^ Lee et al. p4, Etymology
  3. ^ Lee et al. p2
  4. ^ Lee et al. p4-6
  5. ^ Lee et al. p6
  6. ^ Lee et al. p20
  7. ^ Lee et al. p7
  8. ^ Lee et al. p8
  • Lee WL, Reiswig HM, Austin WC, Lundsten L (2012). “An extraordinary new carnivorous sponge, Chondrocladia lyra, in the new subgenus Symmetrocladia (Demospongiae, Cladorhizidae), from off of northern California, USA.”. Invertebrate Biology: 1-26. doi:10.1111/ivb.12001. 

外部リンク[編集]