コンドル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンドル
Three Days of the Condor
監督 シドニー・ポラック
脚本 ロレンツォ・センプル・Jr.
デヴィッド・レイフィール
原作 ジェームズ・グラディ
『コンドルの六日間』
製作 スタンリー・シュナイダー
製作総指揮 ディノ・デ・ラウレンティス
出演者 ロバート・レッドフォード
フェイ・ダナウェイ
クリフ・ロバートソン
マックス・フォン・シドー
音楽 デイヴ・グルーシン
撮影 オーウェン・ロイズマン
編集 フレドリック・スタインカンプ
ドン・ガイデス
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1975年9月24日
日本の旗 1975年11月29日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $27,476,252[1]
テンプレートを表示

コンドル』(Three Days of the Condor)は1975年アメリカ映画。ポリティカル・サスペンスにロマンスをちりばめた作品。第48回アカデミー賞では編集賞候補となった。原作はジェイムズ・グレイディによる『コンドルの六日間』(Six Days of the Condor)である。

ストーリー[編集]

ニューヨークにあるアメリカ文学史協会は、CIAの第17部第9課として世界各国の雑誌書籍の情報分析を行っている。協会職員は学者肌のCIA分析官で構成されていた。

ある日の白昼、アメリカ文学史協会は自動小銃で武装した男3人により襲撃され、協会職員は次々と射殺される。たまたま裏口から外出していたために命拾いをしたコードネーム“コンドル”ことジョセフ・ターナー(ロバート・レッドフォード)は、CIA本部に緊急連絡し保護を求める。

CIAニューヨーク支局長ヒギンズ(クリフ・ロバートソン)の指示で第17部長のウィクスという男に落ち合うことになったが、そのウィクスに銃撃を受ける。辛くも逃走したが、孤立状態となったコンドルは、偶然見かけた女性写真家キャサリン・ヘイル(フェイ・ダナウェイ)を拉致同然に巻き込み、独力で真相を暴こうとする。

CIAの暗部に近づこうとするコンドルに謎の殺し屋ジュベール(マックス・フォン・シドー)が忍び寄る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語版1 日本語版2
ジョセフ・ターナー
(コンドル)
ロバート・レッドフォード 野沢那智
キャサリン・ヘイル フェイ・ダナウェイ 平井道子 田島令子
ヒギンズ クリフ・ロバートソン 小林勝彦 小林清志
ジュベール マックス・フォン・シドー 横森久 家弓家正
ウィックス マイケル・ケーン 山内雅人 宮田光
アトウッド アディソン・パウエル 永井一郎 大木民夫
サム・バーバー ウォルター・マッギン 伊武雅刀
ウォバッシュ ジョン・ハウスマン 宮川洋一
ジャニス ティナ・チェン 小宮和枝
ラップ博士 ドン・マクヘンリー
ラッセル夫人 ヘレン・ステンボーグ
ジェニングス ハンスフォード・ロウ
“少佐” ジェス・オスナ
郵便配達人 ハンク・ギャレット 飯塚昭三 藤本譲
メイ(サムの妻) カーリン・グリン
  • 日本語版1:旧録。初回放送、1980年2月3日テレビ朝日『日曜洋画劇場
    • 翻訳 - 進藤光太
    • 演出 - 山田悦司
    • 日本語版製作 - ニュージャパンフィルム
  • 日本語版2:新録。初回放送、1987年3月8日テレビ朝日『日曜洋画劇場』
    • 翻訳 - 進藤光太
    • 演出 - 福永莞爾

国内版DVD[編集]

  • 2008年9月11日、日本国内版が再発売された。原盤がフランスのSTUDIO CANAL社制作のPALマスター使用のために、いわゆる「PAL早回し版」となっており、再生時の速度が4パーセント早回しされ、劇場公開版(118分)より本編が約6分短く、約112分である。
  • 東北新社による以前の国内版DVDは現在は廃盤であるが、再生時間は117分である。
  • テレビ放送時の日本語吹き替えはどちらの国内版DVDにも未収録である。

脚注[編集]

  1. ^ Three Days of the Condor (1975)” (英語). Box Office Mojo. 2010年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]