コンチーノ・コンチーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンチーノ・コンチーニのポートレート
アンクル元帥の暗殺

アンクル侯爵コンチーノ・コンチーニ(Concino Concini、1575年 - 1617年4月24日)は、フランス王妃マリー・ド・メディシスの寵臣。イタリアフィレンツェトスカーナ大公国)出身。

フランス王アンリ4世に嫁ぐマリー・ド・メディシスに従い、フランスに移住。王妃の侍女レオノーラ・ドーリ(ガリガイ)(1568-1617)と結婚し、アンリ4世暗殺後にマリーが息子ルイ13世摂政として実権を握るや、瞬く間に元帥の地位に昇りついた。

しかし、王太后と結託して国王を蔑ろにする政治体制が反感を買い、国王自らのクーデターにより失脚、殺害された。妻のレオノーラも魔女として処刑され、王太后はブロワ城に幽閉された。

外部リンク[編集]