コンチャ・イ・トロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロゴ

コンチャ・イ・トロConcha y Toro)は、チリ最大のワインメーカーである。

概要[編集]

チリ最大のワインメーカーである。1883年のスペインの名門貴族一族のメルチョル・コンチャ・イ・トロMelchor Concha y Toro)によって創業され[1]フランスボルドーより、カベルネ・ソーヴィニヨンソーヴィニョン・ブランセミヨンメルロー、カルネメールの品種のブドウの株を仕入れた。最初は、マイポ谷のぶどう園からの出発であった。1923年より、チリにおいて株式公開した。1933年より、ヨーロッパへ輸入を開始している。

現在、チリにおいては、マイポ(Maipo)、マウレ(Maule)、ラペル(Rapel)、コルチャーグア(Colchagua)、クリコ(Curico)、カサ・ブランカ(Casa Blanca)の5ヶ所、アルゼンチンのメンドーサ(Mendoza)の合計6ヶ所 8720ha のぶどう園を管理している。1994年より、ニューヨーク証券取引所に上場している。

日本においては、メルシャンが取り扱っている。

2010年にはイングランドのサッカークラブマンチェスター・ユナイテッドとオフィシャル・ワイナリー・パートナーシップ契約を締結し、同年末にはコピアポ鉱山落盤事故から生還した33人の鉱夫を本拠地オールド・トラッフォードで行われたアーセナル戦に招待している。

製品[編集]

  • ドン・メルチョー Don Melchor
1987年より販売されている最高級ワイン。創業者メルチョル・コンチャ・イ・トロにちなんでいる。
  • カッシェロ・デル・ディアブロ Casillero del Diablo
「悪魔の蔵」というスペイン語のワイン。創業者があえて噂を流して、盗み飲みをやめさせたという逸話より。日本のスーパーマーケットで容易に入手できる。
  • フロンテーラ Frontera
普及品で、日本のスーパーマーケットで容易に入手できる。
  • サンライズ Sunrise
普及品で、日本のスーパーマーケットで容易に入手できる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コンチャ・イ・トロ社”. 日本リカー. 2012年8月19日閲覧。

外部リンク[編集]