コンチネンタル航空3407便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンチネンタル・コネクション3407便墜落事故
事故機と同型機のボンバルディア Q400
出来事の概要
日付 2009年2月12日
概要 失速警報装置の設定ミスと失速時の対処ミス
現場 Flag of the United States.svg ニューヨーク州クラレンス・センターの住宅街
乗客数 44
乗員数 5(非番1名含む)
負傷者数
(死者除く)
2(地上)
死者数 50(地上1人)
生存者数 0
機種 ボンバルディア Q400
運用者 Flag of the United States.svg コルガン・エア
機体記号 N200WQ

コンチネンタル・コネクション3407便墜落事故(Continental Connection Flight 3407)は、2009年2月12日(現地時間)にアメリカ合衆国で発生した航空事故

事故の概要[編集]

バッファロー· ​​ナイアガラ国際空港の滑走路23にILSアプローチ中の22時10分(アメリカ合衆国東部標準時)、突然機首が上がり失速、空港手前10Kmのバッファロー郊外のクラレンス・センターの住宅地に墜落。民家に突っ込み爆発炎上し、乗客乗員49人全員死亡。民家では娘と母親は脱出したが父親が死亡。

機長・副機長は、低賃金のため(機長6万ドル、副機長1.6万ドル)ホテルに泊まらず、操縦士用待合室で仮眠。ボイスレコーダーや関係者聞き取りから操縦士の疲労が判明。失速警報が出た時、機長は操縦桿を下げるのでなく、引いてしまったため機体が失速した。

事故発生直前のバッファロー周辺はで若干のが発生していたものの、風速17マイル/h(7.6m/s)程度であり、機長から管制塔に対して、特に機材の不調に関する報告はなかった。当時は「冬の嵐」と形容されるほどの低気圧とそれに伴う風雨による事故が多発し、また「Wintery Storm Warning」の気象警報も極めて頻繁に出され、バッファロー周辺にも事故前日にはこの気象警報が発令されていたが、事故当日の天候は日没前は雨、日没後は一部で雪に変わったという程度の状況で、冬の時期を考慮しても酷く天候が荒れていたわけではない。

滑走路23のアプローチチャート。赤い目印が墜落地点

2009年2月12日コンチネンタル・コネクション3407便はニューアーク国際空港ニュージャージー州)を出発し、バッファロー・ナイアガラ国際空港ニューヨーク州バッファロー)に向かう短距離国内線であった(運航はコルガン・エアという航空会社であり、コンチネンタル・コネクションのブランド名を与えられコンチネンタル航空便を受託運行していた)。

原因調査[編集]

事故原因を調査する国家運輸安全委員会は、失速時の操作ミスが原因と判断した。

墜落当初は着氷が原因と考えられていたが、事故機は墜落前、パイロットが機体の窓に着氷していることに気付き、失速警報をオンにしていた。またアンチアイスと呼ばれる防氷装置も正常に作動していた。そのため着氷が原因とは考えられず、着氷説は否定された[1]

しかし、別の説が浮上した。事故機には、凍結しやすい際のために失速警報が鳴りだす速度を引き上げるスイッチがついていた。凍結で揚力が減少して失速しやすくなるためである[1][2]。墜落現場の残骸を調査した結果、着氷が解消された後にアンチアイスはOFFにしたが、このスイッチは氷結時の方に切り替えられていたままで戻し忘れていたことが判明した。

また、FDR(フライトデータレコーダー)から、副操縦士がフラップやランディングギアを展開した際、対気速度が失速速度に近い145ノット(毎時269キロ)まで減速していたことが分かった。この時点では失速速度に至っていなかったが、失速警報が氷結時になっていたため、操縦士にとって想定外の失速警報が鳴ったことになる。

また、失速しそうな場合、通常は機首を下げて重力を利用して加速する操作を行うが、事故機では操縦士が機首を上げるという初歩的なミスをし、これによって逆に空気抵抗が増え失速に至った。その上、失速時に副操縦士が加速するためにフラップを収納したが、これにより機体の揚力が大きく減少し、失速に歯止めが効かなくなった[1]

2010年2月2日に国家運輸安全委員会は失速警報の設定ミスと、失速時の対処ミスが原因とした。また操縦桿を引くミスをした原因であるが、CVRに何度も欠伸をするのが記録されており、過労が原因で単純な操縦ミスを招いたとされた。パイロット2人が所属していたコルガンエアは賃金が安く、空港近くに住めずホテル代も払えなかった。操縦士がフロリダ、副操縦士はシアトルから飛行機で空港まで通っており、会社のソファーで仮眠するなど睡眠時間も少なかった。この事故の後、連邦議会でパイロットの待遇改善を義務付ける法律が制定された[1]

引用・脚注[編集]

  1. ^ a b c d テレビ東京系『実録世界のミステリー』2013年8月26日放送より。
  2. ^ このようなスイッチがついている機体は事故機を含めてもかなり少ない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]