コンタクトスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンタクトスポーツ: Contact sport)とはスポーツや格闘技等において、プレーヤー間の接触の度合いを段階付ける際に用いられる表現。

段階[編集]

コンタクトスポーツは接触の度合いにより段階分けされる。医療上、対象者の身体条件がそのコンタクトスポーツの段階に対応できるかの診断時にも用いられる[1]

フルコンタクト[編集]

力を抑制せず相手に直接接触する形式。

例) オーストラリアルールのフットボールラグビーアメリカンフットボールアイスホッケーラクロスレスリング水球ハンドボール、WTFテコンドームエタイローラーダービー

セミコンタクト[編集]

主に格闘技で用いられる表現。力を抑制した上で、相手に直接接触する形式。ライトコンタクトとも言う。

例) アマチュア・キックボクシングカンフー、ITFテコンドー剣道

リミテッドコンタクト[編集]

相手と接触することもあるが、距離を置くことを主とする形式。

例) バスケットボール野球アルティメット

ノンコンタクト[編集]

相手に接触しない形式。

例) テニスクリケットダーツボウリングネットボールスカッシュ水泳チアリーディング

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Vincent Iannelli, M.D. (2006-08-19), Youth Sports Restrictions, About.com, http://pediatrics.about.com/od/exerciseandfitness/a/0806_restrictns.htm 2010年2月4日閲覧。