コンステレーション (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Constellation (CV-64) aerial Battle E.jpg
艦歴
発注 1956年7月1日
起工 1957年9月14日
進水 1960年10月8日
就役 1961年10月27日
退役 2003年8月7日
除籍 2003年12月2日
性能諸元
排水量 基準 61,981 トン 満載 82,538トン
全長 326.9m
全幅 39.6m/76.8m(飛行甲板)
吃水 11.9m
機関 蒸気タービン4基、ボイラー8基、4軸推進、280,000馬力 (210MW)
最大速力 34ノット (63km/h)
乗員 5,920名 (航空団含む)
兵装 (竣工時)
テリアミサイル発射機
(改装後)
シースパロー8連装発射機 2基
ファランクスCIWS 3基
搭載機数 80機

コンステレーション (USS Constellation, CV-64/CVA-64) は、アメリカ海軍キティホーク級航空母艦の2番艦。艦名はアメリカ国旗の星 (new constellation of stars) に因む。その名を持つ艦としては3隻目。コンステレーションはアメリカ海軍史上唯一艦番号が赤、白、青の三色で表示された艦である。1985年に開催された戦闘グループの速度競技において優勝し、海軍における最速艦の一隻であった。乗組員からは「コニー」の愛称で呼ばれ、公式に「アメリカの旗艦」であった。

艦歴[編集]

1956年7月1日にニューヨーク州ブルックリンブルックリン海軍工廠が建造契約を獲得、9月14日に起工した。1960年10月8日にメアリー・ハーター(当時の国務長官クリスティアン・ハーターの妻)によって命名、進水する。

建造途中の1960年12月19日に火災事故が生じ[1][2][3][4]、コンステレーションは大きな損傷を受けた。事故当時コンステレーションはブルックリン海軍工廠で建造の最終段階にあった[4]

事故は格納庫で作業中のフォークリフトが貨物を押し込んだとき、偶然に鋼板をひっくり返したことで生じた。鋼板はディーゼル燃料が入った500ガロンのタンクのプラグを壊し、こぼれ落ちた燃料は艦の最下層まで達した。燃料はおそらく溶接のブローランプによって着火し、木製の足場に延焼した。炎と煙が艦の通路に充満、広がっていった。海軍の高官は艦の設計に関する問い合わせに対し「本級の設計は人間が設計した中で最も複雑な構造だ。」とコメントした[4]

火災は鎮火まで17時間を要し、消防士達はパークスロープ飛行機事故に出動した後、本件に対応したため、何名かは「疲労困憊の際に追い詰められた」という。消防士達は一人も欠けることなく何百名もの命を救ったが、50名が死亡、負傷者数は150名に上り、7,500万ドルの損害が生じた上、艦の就役は7ヶ月遅れることとなった。このため、ニューヨークで火災を起こしたのはキティホーク (USS Kitty Hawk, CV-63) であり、海軍は別々の場所で建造していた2隻の姉妹艦の艦名と艦番号を変更したという噂が生じた[5]。火災発生後のニューヨーク・タイムズの記事要約(1960年12月20日)では、火災を起こした艦を USS Constellation であるとしている[6]

コンステレーションはその後艦長トーマス・ウォーカー大佐の指揮下1961年10月27日に就役[1]。建造費用は2億6450万ドルに上った[2]。コンステレーションは2010年現在、ニューポート・ニューズ造船以外で建造された最後の空母である。


1990年に大改装工事が行われ、1993年に再就役する。

2003年8月7日にサンディエゴ海軍飛行場北島で退役した。

現在[編集]

現在コンステレーションはワシントン州ブレマートン、ピュージェット・サウンド海軍造船所モスボール状態で保管されている。

後任としてニミッツ級航空母艦ロナルド・レーガン」(USS Ronald Reagan, CVN-76)が配属された。

参照[編集]

  1. ^ a b United States Navy
  2. ^ a b Terzibaschitsch, Stefan (1989). Aircraft carriers of the U.S. Navy (2nd ed. ed.). Annapolis, Md.: Naval Institute Press. pp. 262-267. ISBN 0-87021-001-7. 
  3. ^ Dictionary of American Naval Fighting Ships. Constellation III.
  4. ^ a b c Haberman, Clyde (2010年12月21日). “Recalling a Brooklyn Disaster Otherwise Forgotten”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/12/21/nyregion/21nyc.html?ref=nyregion 2010年12月21日閲覧。 
  5. ^ Polmar, Norman (2005). The Naval Institute Guide to the Ships and Aircraft of the U.S. Fleet. Annapolis, MD: Naval Institute Press. pp. 122. ISBN 1-59114-685-2. 
  6. ^ Baldwin, Hanson. “YARD WORK MAKES SHIP DEFENSELESS; Repairs or Construction, as on Constellation, Puts Vessel in Peril”. New York Times. 2011年9月14日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯47度33分09秒 西経122度39分16秒 / 北緯47.5525度 西経122.654444度 / 47.5525; -122.654444 (USS Constellation (CV-64))