コンスタンディノス6世 (コンスタンディヌーポリ総主教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンスタンディノス6世総主教 (Πατριάρχης Κωνσταντίνος ΣΤ΄、Patriarch Constantine VI、1859年11月28日 - 1930年)は、1924年12月17日から1925年1月30日までの43日間、コンスタンディヌーポリ全地総主教であった人物。

1859年ブルサに生まれる。ハルキ神学校に学び、1896年主教に叙聖された。

グリゴリオス7世1924年に永眠してから総主教代行を務めていた。1925年共和人民党政権下のトルコによってギリシャに追放され、総主教を辞任。


先代:
グリゴリオス7世
コンスタンディヌーポリ全地総主教
1924年 - 1925年
次代:
ヴァシリオス3世

関連項目[編集]

外部リンク[編集]