コンスタンチン・ベンケンドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンスタンチン・ベンケンドルフ伯爵、ジョージ・ダウ

コンスタンチン・フリストフォロヴィチ・ベンケンドルフ伯爵ロシア語:Константи́н Христофо́рович Бенкендо́рф)またはコンスタンティン・フォン・ベンケンドルフドイツ語:Konstantin von Benckendorff, 1785年1月31日 - 1828年8月6日)は、ロシアの軍人、外交官。兄に軍人、政治家のアレクサンドル・ベンケンドルフ伯爵、妹にロンドン、パリの社交界に君臨して政治的影響力をふるったダリヤ・リーヴェン公爵夫人がいる。

バルト・ドイツ人貴族の息子としてレヴァル(現在のエストニアタリン)に生まれた。外交官としての道を歩んだが、その後ロシア軍に従軍してナポレオン戦争を戦い、カッセルフルダハーナウランスソワソンの占領に参加した。戦後、ベンケンドルフは再び外交官に戻った。

1820年、ベンケンドルフはバーデン大公国および在ヴュルテンベルク王国全権公使に任ぜられた。1826年にロシア・ペルシア戦争が始まると、ベンケンドルフはロシアに帰国して再び従軍し、エチミアジンを占領し、エレバン郊外でクルド人を打ち破った。ベンケンドルフはさらにアラス川を渡ってペルシア騎兵隊に勝利した。ベンケンドルフは1828年に露土戦争が始まって間もなく、ロシア軍を襲った伝染病に罹って亡くなった。