コンスタンタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンスタンタン55%Ni45%の組成からなる合金である。

銅の中のNiの成分比を変化させると、約Ni50%の付近で電気抵抗値が最高値を示し、抵抗の温度係数が最低になり、熱起電力が最低になる。

電気抵抗の温度係数が小さいことから、ひずみゲージ・精密抵抗に使われる。熱起電力が低いことから、たとえば熱電対に使われる。熱電対の相手の金属はたとえば銅とか、などである。

物理的性質[編集]

(データは誤りを含む可能性もあります)

電気抵抗 0.50×10−6 Ω·m
電気抵抗の温度係数 at 20 °C 0.00001
密度 8.9 g/cm³
比熱 0.41 kJ/(kg·K)
線膨張係数 0.000015 /K
融点 1225-1300 °C
鋼との静摩擦係数(無潤滑) 0.4μs