コンゴウフグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンゴウフグ
Lactoria cornuta.002 - Aquarium Finisterrae.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: フグ目 Tetraodontiformes
: ハコフグ科 Ostraciidae
: コンゴウフグ属 Lactoria
: コンゴウフグ L. cornuta
学名
Lactoria cornuta
(Linnaeus, 1758)
英名
Longhorn cowfish

コンゴウフグ(金剛河豚、学名:Lactoria cornuta)は、フグ目ハコフグ科に分類される海水魚の一種。

分布[編集]

太平洋西部、インド洋に分布する[1]

特徴[編集]

体長は30-50cm。眼としりびれのあたりに1対の棘が伸びており、それぞれ眼前棘、腰骨棘と呼ばれる[1]。この棘は成長すると長くなるが、老成すると逆に短くなる[1]。また、この棘が古代インドの武具をたとえた法具である「金剛杵」に似ているため、和名がついた[2]

サンゴ礁や岩礁に生息する。

近縁種[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 多紀保彦・河野博・坂本一男・細谷和海 『新訂 原色魚類大圖鑑 圖鑑編』 北隆館2005年12月15日ISBN 4-8326-0820-7p.504
  2. ^ 木村義志 『フィールドベスト図鑑 日本の海水魚』 学習研究社2000年8月4日ISBN 4-05-401121-7p.202