コンキスタドールシエロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンキスタドールシエロ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1979年3月20日
死没 2002年12月17日
ミスタープロスペクター
ケイディープリンセス
生国 アメリカ合衆国
生産 ルイス・イアンドリ
馬主 ヘンリク・ド・クウィアトコウスキ
調教師 ウッドフォード・スティーヴンズ(アメリカ
競走成績
生涯成績 13戦9勝
獲得賞金 474,328ドル
テンプレートを表示

コンキスタドールシエロConquistador Cielo1979年 - 2002年)はアメリカ競走馬種牡馬である。大種牡馬ミスタープロスペクターの初期の代表産駒の一頭。馬名はスペイン語で「天空の征服者」という意味。

戦績[編集]

1981年6月のメイドン(未勝利戦)でデビューし3着。次走を8馬身差で圧勝し初勝利を挙げると、G2サラトガスペシャルステークスにも勝ち初重賞制覇。この後G2サンフォードステークスで4着に敗れたあと小さな亀裂骨折が見つかり、休養に入った。

1982年2月の一般競走で復帰するが4着。次走では2着に4馬身差をつけて勝利し復活を飾った。だが、再度故障が発生し、ふたたび休養に入る。結局ケンタッキーダービーには出ることができず、復帰は5月の一般競走となった。これを3馬身差で快勝し、次走も11馬身差の圧勝。そして初G1挑戦、古馬との初対戦となったメトロポリタンハンデキャップで2着に7馬身差をつけ圧勝、1600mを1.33.0というレコードタイムでの勝利だった。そして、陣営はここで連闘三冠最終戦ベルモントステークスへの出走を表明する。1600mのG1をレコード勝ちのあと連闘で2400mのG1、しかも三冠レースに出走するという常識外れなローテーションだったが、ここでケンタッキーダービー馬ガトデルソルに14馬身差の大差で逃げ切るという驚愕のレースを見せた。これにより一躍全米のスーパーホースとなったコンキスタドールシエロは、この後もG2、G3を連勝。すでにこのとき総額3640万ドル(約94億円)でシンジケートが結成されることが決まっている。しかし、次走トラヴァーズステークスでは脚を痛めていたこともあって3着に敗れ、同レースを最後に引退。年末にはエクリプス賞年度代表馬、最優秀3歳牡馬のタイトルを獲得した。

種牡馬[編集]

G1競走3勝のマーケトリーなど複数のG1競走優勝馬を輩出しており活躍馬が出なかったわけではないが、当初の期待に応えたとは言い難い。日本では直仔の重賞勝利馬はいないが、ツルマルツヨシやゼネラリストなど数頭の重賞勝利馬のブルードメアサイアーであり、孫世代ではミシエロ産駒のエイシンチャンプ朝日杯フューチュリティステークスを制している。2002年12月17日、蹄葉炎による合併症により安楽死の処分が取られた。現在はマーケトリーの仔であるアータックス、スクワートルスクワートの2頭のブリーダーズカップ・スプリントの優勝馬が種牡馬としてその血を後世に伝えている。

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

コンキスタドールシエロ血統ミスタープロスペクター系 / Nasrullah 4×4=12.50%、Nearco 5×5×5=9.38%、Discovery 5×5=6.25%、Lavendula 5×5=6.25%)

Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native
1961 栗毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Raise You Case Ace
Lady Glory
Gold Digger
1962 鹿毛
Nashua Nasrullah
Segula
Sequence Count Fleet
Miss Dogwood

K.D.Princess
1971 黒鹿毛
Bold Commander
1960 鹿毛
Bold Ruler Nasrullah
Miss Disco
High Voltage Ambiorix
Dynamo
*タミーズターン
Tammy's Turn
1965 黒鹿毛
Turn-to Royal Charger
Source Sucree
Tammy Twist Tim Tam
Whirl Right F-No.8-h

外部リンク[編集]