コロンボ・フォート駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コロンボ・フォート駅
コロンボ・フォート駅のプラットホーム
コロンボ・フォート駅のプラットホーム
Colombo Fort
所在地 スリランカの旗 スリランカ コロンボ
所属事業者 スリランカ鉄道局英語版
所属路線 メインライン英語版
コーストライン英語版
乗降人員
-統計年度-
20万人/日
-[1]-
開業年月日 1908年[1]

コロンボ・フォート駅英語: Colombo Fort Railway Station)は、スリランカコロンボ鉄道駅。都市の中心であるフォート地区とその東側ペター地区の境界付近に位置するコロンボの中心駅であり、日々多数の都市間・都市内列車が発着するスリランカ最大のターミナル駅である。[2]

歴史[編集]

ヴィクトリア様式の駅舎

イギリス領セイロン(後のスリランカ)に最初に鉄道が開業したのは1864年のことである。当時のターミナル駅は、コロンボ東部マラダーナ英語版近郊に存在したコロンボ・ターミナル駅英語版であった。コロンボ・フォート駅と呼ばれる駅が初めて建設されたのは1877年のことで、コーストライン英語版の敷設に伴うものであった。当時の駅は小さく、場所も現在の駅より西側に位置していた。[3]

コロンボの新しい中心駅として、現在のコロンボ・フォート駅がオープンしたのは1917年のことである。駅は隣接するベイラ湖英語版を埋め立てて建設された。この計画の一環として1906年からコロンボの鉄道網の再編成が開始されており、コロンボ・ターミナル駅は閉鎖され新たにマラダーナ駅英語版へと置き換えられた。コロンボ・フォート駅は1917年より都市の中心駅として運用が開始された。[3]

地理[編集]

コロンボ・フォート駅は、コロンボの中心であるフォート地区とその東側のペター地区の境界付近に位置しており、主要幹線道路であるA1ハイウェイ英語版A4ハイウェイ英語版の交点に近接する。コロンボ・フォート駅はフォート地区のビジネス街、ならびにペター地区のマーケットへのアクセスを提供している。

フォート駅から東に2 kmほどの地点には、コロンボの主要駅の一つであるマラダーナ駅英語版が存在する。

接続[編集]

鉄道網のハブとして機能するだけではなく、ペターの中央バスターミナルによりバス路線網英語版との接続も提供する。また、バンダラナイケ国際空港へのエアポート・エクスプレスが西隣のColombo Secretariat駅より運行されている。

路線[編集]

インターシティ列車

コロンボ・フォート駅に接続する一本目の路線はメインライン英語版である。中央高地東部のバドゥッラに向かうこの路線は、途中で何本もの路線に分岐してスリランカ全土へと広がっており、こうした各地に向かう列車の大半もコロンボ・フォート駅を発着する。二本目の路線コーストライン英語版は南西方面に延びており、南部のゴールマータラに接続する。

コロンボ・フォート駅はまた、コロンボ大都市圏の近距離路線のハブ駅でもある。

駅構造[編集]

コロンボ・フォート駅は、多くの列車が発着しているにも関わらず、通過駅のようなレイアウトとなっている。プラットホームの多くは発着する列車と通過列車、どちらにも対応できるように配置されている。プラットホームは東西を向いており、チケットホールは駅の北側に設置されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Colombo Fort Railway Station”. Sri Lanka Railways. 2012年2月6日閲覧。
  2. ^ Sri Lanka Railways Timetable”. スリランカ鉄道局英語版. 2012年1月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月24日閲覧。
  3. ^ a b Hyatt, D. An Overview of the Development of the Sri Lanka Railway 2009.