コロリころげた木の根っ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コロリころげた木の根っ子」(ころりころげたきのねっこ)は、藤子・F・不二雄(発表時は藤子不二雄名義)の読み切り漫画作品。1974年(昭和49年)『ビッグコミック』4月10日号に掲載された。ゴールデンコミックス『異色短編集』第2巻、愛蔵版『SF全短篇』第1巻、『藤子・F・不二雄 SF短編PERFECT版』第2巻などのSF短編を収録した短編集に収録。

概要[編集]

この話のタイトルは、北原白秋作詞の童謡待ちぼうけ』の一節「ころりころげた きのねっこ」からつけられている。この童謡は韓非子の「守株待兎」が元になっており、守株とは本来ならいつまでも古い習慣に拘って進歩の無いものの譬えであるが、今作では詩の猟師をヒントに、自分は手を下さず、ひたすらチャンスを待つ者の意味として使われている。

あらすじ[編集]

出版社の編集部所属である新人の西村。彼は結婚1周年記念の日に、運悪く小説家大和の原稿を受け取りに行くことになった。電話先で妻にその事を伝えるが、結婚記念日に仕事が長引き帰りが遅くなると言うものだから揉め始めた。そんな中、突然書類をに奪われてしまう。猿を追いかけていくと、そこにはあの大和先生がいた。

登場人物[編集]

西村
文芸公論社の編集部所属。暴君だと有名な大和の原稿を受け取りに行かされたのは運が悪い。
大和
小説家の先生。締切直前まで何も仕事をしないため完成まで西村を家に留めておく。自堕落で遊び人であり酒好き。ペットに猿を飼っている。外面は大変良いのだが大変な暴君であり、家庭内に何かがあればを殴るなど、妻に対しては暴力を一切厭わない。妻に自分の愛人に電話をかけさせるなど行動も常識を逸している。だが一方では、20年間も黙ってついてきた妻に感謝し愛しており、自分も妻に愛されていると思っている。
大和の妻
大人しい奥さんで暴君の夫を支えている。暴力を振るう夫に黙ってついてきたのだが…。作中にて何度か大和が死に掛けるシーンがあり、例えば良くある死因の説明の場面では取り込み式の便所でタバコをすうと寿命が数十年縮まるという話を主人公たちがした直後に、大和が「家内が汲み取り式便所がいいといったから」と言って便所の中に入るシーンがある。作中では大和はヘビースモーカーであり、暗に彼女が大和を殺害しようとしている事が分かる。他にも転んで階段から落ちた場合の死亡率は高いとの発言の直後に、階段を下りようとする大和の足元に都合よくウィスキーのビンが転がっていたり、大和の内心とは裏腹に彼女は大和をかなり憎んでいる。(ちなみに全て便所以外は大和の運のよさのせいですんでのところで助かっている。)
優子
西村の妻。結婚記念日に帰ってこない夫に苛立ち実家に帰ってしまう。