コレステロールモノオキシゲナーゼ (側鎖開裂)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コレステロールモノオキシゲナーゼ (側鎖開裂)
識別子
EC番号 1.14.15.6
CAS登録番号 37292-81-2
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

コレステロールモノオキシゲナーゼ (側鎖開裂)(cholesterol monooxygenase (side-chain-cleaving))は、ステロイドホルモン生合成酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

コレステロール + 還元型アドレナルフェレドキシン + O2 \rightleftharpoons プレグネノロン + 4-メチルペンタナール + 酸化型アドレナルフェレドキシン + H2O

この酵素の基質コレステロール、還元型アドレナルフェレドキシンO2で、生成物はプレグネノロン4-メチルペンタナール、酸化型アドレナルフェレドキシンとH2Oである。補因子としてヘムを用いる。

組織名はcholesterol,reduced-adrenal-ferredoxin:oxygen oxidoreductase (side-chain-cleaving)で、別名にcholesterol desmolase、cytochrome P-450scc、desmolase, steroid 20-22、C27-side chain cleavage enzyme、cholesterol 20-22-desmolase、cholesterol C20-22 desmolase、cholesterol side-chain cleavage enzyme、cholesterol side-chain-cleaving enzyme、enzymes, cholesterol side-chain-cleaving、steroid 20-22 desmolase、steroid 20-22-lyaseがある。

参考文献[編集]

  • Hanukoglu, I. and Jefcoate, C.R. (1980). “Mitochondrial cytochrome P-450sec. Mechanism of electron transport by adrenodoxin.”. J. Biol. Chem. 255: 3057-3061. PMID 6766943. 
  • Hanukoglu, I., Spitzberg, V., Bumpus, J.A., Dus, K.M. and Jefcoate, C.R. (1981). “Adrenal mitochondrial cytochrome P-450scc. Cholesterol and adrenodoxin interactions at equilibrium and during turnover.”. J. Biol. Chem. 256: 4321-4328. PMID 7217084.