コルペディオンの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コルペディオンの戦い
戦争ディアドコイ戦争
年月日紀元前281年
場所サルディス近郊のコルペディオン
結果:セレウコスの勝利
交戦勢力
セレウコス朝 リュシマコス朝
指揮官
セレウコス リュシマコス
ディアドコイ戦争

コルペディオンの戦い(Battle of Corupedium)は紀元前281年に起ったディアドコイ戦争戦闘である。シリア王セレウコス1世とトラキア王リュシマコスが戦い、セレウコスが勝利し、リュシマコスは敗死した。

この戦いはディアドコイ戦争における最後の戦いであるが、戦いの詳細は史料における記述の少なさから分かっていない。しかし、セレウコスが勝利し、リュシマコスが敗死したことは確かである(アッピアノス, 『シリアの戦争』, 62)。ヘラクレイアのメムノンによれば、リュシマコスはマラコンというヘラクレイア人の槍を受けて死んだ(メムノン, 『ヘラクレイア史』, 5)。この戦いにおける勝利により、セレウコスはプトレマイオス1世の支配していたエジプトを除くアレクサンドロス帝国の大部分を勢力下に置いた。また、この前年の紀元前282年にプトレマイオスは死去していたため、リュシマコスを敗死させたセレウコスはディアドコイ第1世代における最後の生き残りとなった。

リュシマコスを敗死させたセレウコスはリュシマコス朝の都リュシマケイア、そしてリュシマコスが勢力圏としていた自身の故郷、マケドニアに乗り込もうとした。しかし、この戦いからすぐに、セレウコスはプトレマイオスの子プトレマイオス・ケラウノスによって暗殺された。セレウコスを暗殺したプトレマイオス・ケラウノスはそのままマケドニアに渡り、そこに自らの王朝を築かんとしたが、それから程なくしてマケドニアに侵攻してきたガリア人との戦いで戦死するのである。

参考URL[編集]