コルベール (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Colbert-1.jpg
艦歴
発注:
起工: 1927年6月12日
進水: 1928年4月20日
就役: 1931年3月4日
退役: 下記同一
その後: 1942年11月27日にツーロンで沈没
除籍: 上記同一
性能諸元
排水量: 10,000トン(基準 )
12,780トン(満載)
全長: 196m(全長)、185m(水線長)
全幅: 19.4m
吃水: 6.32m
機関: ギョ・ド・タンブル式重油専焼水管缶9基
+ラトー・ブルターニュ式ギヤード・タービン3基3軸推進
最大出力: 90,000shp
最大速力: 31ノット
兵員: 773名
兵装: 1924年型 20.3cm(50口径)連装砲4基8門
1926年型 9cm(50口径)単装高角砲8基8門
1933年型 37mm対空機関砲4基8門
13.2mm四連装対空機銃3基12丁
55cm水上魚雷発射管三連装2基

コルベール (Colbert) はフランス海軍重巡洋艦シュフラン級の1隻。艦名はルイ14世時代に大海軍建設を実行したジャン・パブチスト・コルベール・マルキ・ド・セニョレー財相に因む。

艦歴[編集]

ブレスト工廠で建造。1927年6月12日起工。1928年4月20日進水。1931年3月4日竣工。

就役後地中海艦隊側に配備される。スペイン内戦時にはスペイン海域で活動した。

第二次世界大戦初期は大西洋で通商保護などに当たった。イタリア参戦後の1940年6月14日、コルベールを含む重巡洋艦4隻および駆逐艦が出撃し、イタリア沿岸砲撃に向かった。コルベールは重巡洋艦デュプレなどと共にジェノバを砲撃した。

1942年11月7日、ツーロン自沈。戦後解体。

関連項目[編集]