コルネリス・ファン・ナイエンローデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイエンローデの娘コルネリウスと夫ピーテル・クノールおよび家族の肖像。1665年、ヤコブ・コーマン

コルネリス・ファン・ナイエンローデ(Cornelis van Nijenro(o)deまたはCornelis van Nieuwroode、ナールデン生まれ、1633年平戸にて没)は、平戸オランダ商館の第5代商館長で1623年から1633年までその職にあった。

概歴[編集]

ナイエンローデは、1607年にアジアに着任し、オランダ東インド会社の幾つかの職を経験し、1622年には台湾から中国沿岸への遠征隊にも加わった。

1623年より平戸にてオランダ商館長を勤める。1628年タイオワン事件が発生し、解決までの4年間、日蘭貿易は停止した。この事件の解決に当たり、幕府関係者に多大な贈り物がされたが、ナイエンローデはこの日本的慣習が気に入らなかったようである[1]

家族[編集]

在任中にトケシヨという日本女性と結婚してエステル(山崎甚左衛門の義姉に当たる)をもうけ、後洗礼名スシリアという日本女性(後に豪商半田五右衛門と結婚)と結婚し、混血の娘コルネリア・ファン・ナイエンローデをもうけた。1633年、バタヴィアに戻る直前、ナイエンローデは平戸にて死亡した。

その遺言に従いコルネリアはバタヴィアで養育された。そこで東インド会社の上級職員であったピーテル・クノール(Pieter Cnoll)と結婚し10人の子供を生んだ。1672年に夫クノールと死別。1682年に裁判官のヤン・ビッテルと結婚し、オランダに移住した[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

先代:
レオナルド・キャンプス
オランダ商館長(第5代)
1623年 - 1632年
次代:
ピーテル・ファン・サンテン