コルネリス・ド・ヘーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コルネリス・ド・へーム
コルネリス・ド・へーム画『果物籠のある静物』
国立西洋美術館
生誕 1631年4月18日頃
ライデン
死去 1695年5月17日頃
アントウェルペン
テンプレートを表示

コルネリス・ド・へーム[1](Cornelis de Heem, 1631年4月18日頃 ライデン1695年5月17日頃 アントウェルペン[2])は、17世紀ネーデルラントの画家。当時を代表する静物画ヤン・ダヴィス・デ・ヘームの息子である。

生涯[編集]

コルネリスは1631年4月8日にライデン洗礼を受けている[3]。恐らく、父親のもとで画家としての修行を積んだものと思われる。

1660年にアントウェルペンの画家組合に加入している。1667年から1680年代後半まではユトレヒトアイジェスルテインデン・ハーグで活躍した[3]。ド・ヘーム家は静物画家を多く輩出しているため、どの作品をどの画家が手掛けたのか特定が難しい場合がある。コルネリスの兄弟ヤン・ヤンスゾーン・デ・ヘーム (Jan Janszoon de Heem)、甥のヤン・ヤンス2世 (Jan Jansz. II)、息子のダヴィス・コルネリスゾーン・デ・ヘーム (David Corneliszoon de Heem) は花や果物を題材にした同じようなスタイルの作品を残しており、共作も多いと思われる[4]。しかしコルネリスの作品は比較的小さく、強い色調の青が特徴的で、後年になるにつれて徐々に父親のスタイルとは違ってきている[3]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 父親の名は「デ・ヘーム」と表記されるが、ここでは国立西洋美術館の表記果物籠のある静物 コルネリス・ド・へームにならって「ド・へーム」とした。
  2. ^ [1]
  3. ^ a b c Sam Segal, "Cornelis (Jansz.) de Heem," Grove Art Online, オックスフォード大学出版局 [accessed 21 April 2008].
  4. ^ Neil MacLaren, The Dutch School, 1600-1800, Volume I, National Gallery Catalogues, p. 163-4, 1991, National Gallery, London, ISBN 0947645-99-3