コルドバ国立大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コルドバ国立大学
Universidad Nacional de Córdoba
Cordoba-derecho1.JPG
創立 1613年
学長 Dra. en:Carolina Scotto
学生 113,558人
所在地 アルゼンチンコルドバ州コルドバ
住所 Obispo Trejo 242
Córdoba
Argentina
ウェブサイト http://www.unc.edu.ar/
テンプレートを表示

コルドバ大学(Universidad Nacional de Córdoba, UNC)は、アルゼンチンコルドバに位置する国立大学である。1613年に創立された南米でも最古の部類に入る大学であり、アルゼンチンにおいては最古の大学。コルドバ大学歴史博物館を含め校舎の一部は当時のものが残存しており、世界遺産に登録されている。20世紀初頭よりブエノスアイレス大学に次いでアルゼンチン第二の大学としての地位を有している。

沿革[編集]

コルドバ大学はイエズス会1610年に、コルドバで前身となる高等教育機関を設立したことに始まる。1810年スペインからの独立後、1820年には内乱の為にコルドバから一時的に移転した。1856年にはブエノスアイレス大学と共に州立大学に、1881年には国立大学に改組された。

1864年には旧来の論理学部が廃止され、同時に数学物理学に特化した教員を外国から招聘するなど、自然科学や精密工学教育の充実に弾みをつけた。1877年には医学部が開設。1918年には大学の自治や学生の運営参加などの大学改革を求めた学生運動が発生し、改革理念について著したコルドバ宣言が発表された。これを受けて大学組織の改革が進められた。20世紀に入ってから学部、研究機関の増設が相次ぎ教育機関として急速な発展を遂げ、現在のコルドバ大学が形作られた。

学部[編集]

提携校と二次教育機関[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]