コルトM1851

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コルト 1851 ネイビー
Colt Navy Model 1851.JPG
コルト 1851 ネイビー
概要
種類 シングルアクションリボルバー
製造国 アメリカ
設計・製造 サミュエル・コルト設計
Colt Patent Firearms Hartford, Conn.
性能
口径 36口径
銃身長 7.5インチ
使用弾薬 パーカッション式
装弾数 6発
作動方式 シングルアクション
全長 14インチ
重量 42オンス

コルト M1851 ネイビーはアメリカの銃器メーカーであるコルト社1851年に発売したパーカッション(銃用雷管)式シングルアクションリボルバーである。

概要[編集]

コルト社は1848年に.44口径という大口径のコルトM1848(通称コルト・ドラグーン)を開発し、アメリカ陸軍の制式拳銃に採用された。そして1851年に.36口径に小さく軽量化したM1851を開発した。シリンダーには、1843年のテキサス海軍の勝利の場面が描かれており、これが navy (海軍)と呼ばれる由来となっている[1]

「Colt Revolving Belt Pistol of Naval Caliber」(直訳すれば海軍仕様口径コルト回転式ベルトピストル。弾丸直径に36口径を採用した)は、後にコルト1851ネイビーまたはネイビーリボルバーという名称で知られるに至る。雷管と球形弾を用いることからキャップ&ボールリボルバーとも呼称される。1847年から1850年にかけ、サミュエル・コルトによって設計された。本銃は、金属薬莢を用いる回転式拳銃が広汎に使用されはじめた1873年まで製造ラインに残っていた。コルト・ポケットモデルだけでも、並行開発された各型の生産数に勝っており、総生産数はアメリカ国内だけでも約250,000挺を超える。コルト・ロンドン兵器工場ではおよそ22,000挺を生産した[2]

「コルト1851ネイビー」の呼称はコレクターによって用いられた通称である。この通称は、当初「ネイビーリボルバー」と呼ばれていたところから発するものである。本銃は通常「Colt Revolving Belt Pistol of Naval Caliber」と呼ばれた[3]。シリンダーには1843年5月16日に行われたカンペチェの戦いにおけるテキサス海軍(テキサス共和国の海軍。1845年アメリカに併合)の、勝利の情景が彫り込まれている。テキサス海軍は当時、コルト・パターソン・リボルバーの初期型を購入して配備していたが、これはコルト社の最初の大きな商機と成功であった。コルト1851ネイビーリボルバーのシリンダーに彫り込まれた海軍の情景は、コルト社による感謝の現れであった。「ネイビー」の呼称にもかかわらず、この回転式拳銃は主として一般人と陸軍部隊に購入された[4]

「ネイビー」の著名な使用者には、ワイルド・ビル・ヒコック(ガンマン)、ドク・ホリデイ(ガンマン)、リチャード・フランシス・バートン(探検家)、ネッド・ケリー(無法者)、そしてロバート・E・リー(軍人)などが存在する。1873年、最新式の金属薬莢式のリボルバーが市場に出回った後にも、本銃は長く用いられ続けた。

マシュー・ペリーが2度目に来日した1854年、当時最新型だったこの拳銃を幕府の重臣達に数丁贈ったとされている。のちに水戸藩でコピーされ桜田門外の変の際に井伊直弼暗殺に用いられたらしい物が、大阪の古式銃愛好家の手で保管されていることが2010年1月に確認された[5]

性能[編集]

36口径ネイビーリボルバーは、1847年に44口径ウォーカー・コルトから派生したドラグーン・リボルバーより非常に軽量であり、鞍頭の両側面につけられるホルスターで携行するよう設計されていた。本銃は31口径のポケットリボルバーの銃身内径を拡大したバージョンであり、ポケットリボルバーはベイビードラグーンから派生したものである。これらは1836年型のパターソンリボルバーの作動機構を単純化し、改善したものを用いている。メーカーでの呼称が現わすように、ネイビーリボルバーはベルトホルスターに収容して携行できるよう、サイズを整えられている。本銃は北アメリカにおける西部の広汎な植民化の時期において非常に人気のあるものとなった。コルトの積極的な商業活動により、ヨーロッパ、アジアおよびアフリカまで、ネイビーリボルバーやコルト社の他の製品が輸出されることとなった。

コルトM1851ネイビーの初期型。スクエアバックのトリガーガードを有するセカンドモデル。

36口径(実寸としては.375から.380インチである)の球形弾は重量が86グレインである。銃口初速は毎秒1.000フィートパーセコンドに達し、近代的な.380ACP弾と威力では比肩しうる。弾薬は推薬と球形弾または他の形状の弾頭から構成される。また初期の金属薬莢、南北戦争時代には発火しやすい紙製薬包も使用された。これらの弾薬は全て薬室後方の突起にセットされる雷管によって発火された。

サイトは、大部分のコルト社製のパーカッション式リボルバーと同じく、ハンマー上部に彫られた刻み目と、フロントサイトのビードから構成される。比較的粗雑なサイト配置にもかかわらず、これらのリボルバーと現代作られる複製品は、通常ほぼ正確に射撃できる。

パーカッション式のリボルバーにおける装填と射撃動作について[編集]

分解図。

コルト社製の回転式拳銃における装填動作と基本的な作動機構は、銃史上パーカッション式の撃発を行う時期を通して一定であり、他のパーカッション式リボルバーの作動機構をも映じるものである。コルトの基本的な作動機構に親しむ射手は、レミントン、LeMat、アダムス、もしくはクーパーのダブルアクションにも基礎的に同一であることが見出せる。パーカッション式のリボルバーは、薬室と薬室の間にハンマーを下ろした状態で携行される。シリンダー後方に設けられた溝や突起はハンマーとかみ合い、両方ともセーフティペグかノッチとして作動する。この機構はシリンダーの不用意な回転を防止し、ハンマーが電管に接触して暴発するのを防ぐ。パターソン社製、また後に作られたロジャーズ社製とスペンサー社製の幾種類かのリボルバーには、これらのセーフティが欠如しており、空の薬室にハンマーを下ろして携行することが要求された。

装填動作

  • 1.ハンマーを最初の停止位置まで引き起こし、ハーフコックの位置に置く。これによりシリンダーが装填のために回転できるようになる。
  • 2.薬室に、球形弾または弾頭を射出するのに十分な量の推薬を充填する。薬室上部からスプルー(直訳すれば湯口である。弾頭や投射物は鋳型から成形された)を用い、弾頭を前方へ正対するよう置く。
  • 3.ラマー(突き棒)の下に薬室を回転させ、銃に付属するローディングレバーを用いて弾頭を装填する。推薬に接するまで、また薬室孔以下にまで、しっかりと弾頭を押し込む。ローディングレバーが付属しない型の場合、シリンダーの心棒が弾丸の装填用に用いられる。
  • 4.雷管を薬室後方のニップルに取り付ける。
  • 5.必要に応じてシリンダーを回転させ、ハンマーをダウンポジションに戻し(わずかにハンマーを引き、トリガーを絞り、慎重にハンマーをおろす)、セーフティに噛み合わせる。
  • 6.または即時に発砲するため、撃発状態にハンマーを引き起こす。

シングルアクション式のリボルバーは、発砲の前に親指でコックされる。これによりシリンダーが回転され、装填済みの薬室がハンマー前面に来る。トリガーはそれから発射位置へ引かれる。ダブルアクション式のリボルバーでは、トリガーを長く引き続ける行程により、ハンマーを起こし、シリンダーを回転させて銃を発砲させる。

弾薬によるバリエーション

  • A.弾丸と推薬を一緒に包んだ金属製のホイルや、可燃性の紙製薬包を用いる場合は、まず薬室にカートリッジを装填し、完全に弾頭を押し込むために、ローディングレバーを使用する。ホイル式のカートリッジの場合は、ニップルの円錐状に尖った前端によってカートリッジの後部を突き通し、ニップルをカートリッジ内に挿入する。それから雷管でニップル後端を覆う。
  • B.上記3の工程の後、当時または現代でも、グリスによって装填済みの弾頭の前面と周囲を封じるのは常識的な作業である。弾頭部分をグリスで封入することにより汚損を減らし、チェーンファイア(薬室から薬室へ火が回って一斉に暴発すること)を防止する。
  • C.上記2の工程の後、当時の射手や現代の射手は、径が小さいか、成形不良の弾丸または薬室[6]によって発生しかねないチェーンファイアに対し、弾丸を設置する前に、推薬の上部に、よく油を染み込ませた堅いフェルトの詰め物を敷くという方法をとる。これもまた、銃身内の汚損を最小限にとどめることに効果的で、正確な射撃を続行できる[7]。また、リロードする前に、黒色火薬を溶かしたもので湿らせた毛ブラシやパッチを銃身に通すのも一般的である。
  • D.大部分の現代の射手はフルに装薬を詰めこまず、やや減装する。薬室に弾丸を装填する際、装薬の上の余りのスペースには不活性の詰め物(しばしば小麦からできたクリームを用いる)を詰める。この工程は、発砲時に弾頭が銃身へ入るまでの転動を減らし、弾道の正確さを改善する。

なお、上記装填動作を、例えば戦場で普通に行うと、紙薬きょうを使用した場合でも、金属薬莢式に比して装填に非常に時間がかかり、即応性に欠けるように見えるが、本銃の場合、銃身とシリンダー回転軸を結合固定している固定スイッチを簡単にロックオフすることができるため、銃身とフレーム部を簡単に二分割-再結合でき、シリンダーを極めて素早く容易に交換することが可能である。そのため、弾丸を装填済みにした予備シリンダーを複数個持ち歩くことで、自動拳銃の弾倉交換に匹敵する速度で全弾撃ち終わった後の再装填が可能である。この方法は、当時存在した金属薬莢を使うリボルバー拳銃(中折れ式や、コルト・シングル・アクション・アーミー形式の銃)よりも素早い全弾装填方式で、この形式のパーカッションリボルバーが、金属薬莢式リボルバーが普及した後も根強く残ったのは、このような手法での素早い再装填行為が可能だったからである。

本銃の登場する作品[編集]

本銃が登場する作品としては、前述の桜田門外の変を題材に映画化し「幕末の和製コルトが見どころ」とも評されている『桜田門外ノ変[1]マカロニ・ウェスタンでありながら、アメリカ映画でも疎かに描写されがちな銃器を精密に描くという、時代考証銃器が見どころと評される『続・夕陽のガンマン[1]などがある。また『ダメージ (テレビドラマ)』などのように銃自体にプレミアが付いていることを強調される事がある。

キノの旅』では44口径仕様のものが「カノン」の名で登場している。また、その物ズバリ『海軍拳銃1851』のタイトルを持つ松本零士の漫画があり、重要な小道具して本銃が登場する。松本は本銃に愛着があるらしく『ワダチ』にも主人公の愛銃として登場している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c HEROS Gunバトル ヒーローたちの名銃ベスト100. リイド社. (2010-11-29). pp. pp.28-29. ISBN 978-4-8458-3940-7. 
  2. ^ (Wilson 1985)
  3. ^ (Wilson 1985)
  4. ^ (Wilson 1985)
  5. ^ 井伊直弼を撃った短銃? 幕末の複製和銃見つかるアサヒコム2010年1月17日
  6. ^ (Bates,Cumpston 2005)
  7. ^ (Keith 1956)

参考文献[編集]

  • Bates Johnny, Cumpston Mike Percussion Pistols and Revolvers, History, Performance and Practical Use, Lincoln Neb. iUniverse, 2005
  • Burton, Sir Richard Francis. “First Footsteps in East Africa.” The University of Adelaide Library. HTML formatting by Steve Thomas, 2003.
  • Keith, Elmer (1956). Sixguns, The Standard Reference Work. New York: Bonanza Books. 
  • Wilson, R.L.. Colt, An American Legend. New York, London: Atabras, A Division of Abbeville Publishing Group. 

外部リンク[編集]

関連項目[編集]