コルト・ローマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コルト・ローマン
概要
種類 警察用回転式拳銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 コルト・ファイヤーアームズ
性能
口径 .357口径(約9mm)
使用弾薬 .357マグナム弾/.38スペシャル弾
装弾数 6発
作動方式 ダブルアクション
全長 190mm
重量 992g

コルト・ローマン(Colt Lawman)は、アメリカ銃器メーカーコルト社が1960年代に開発した「コルトMkⅢシリーズ」[1]回転式拳銃である。

特徴[編集]

コルト社の高級リボルバーとして知られるパイソンとは違い低価格であるが、暴発を防ぐ機構「セフティコネクター」や新型のトリガーメカニズム[2]を導入するなど、内部に関しては改良が加えられている。

「ローマン」(法執行人)の名が示す通り警察向けの拳銃として設計されており、従来のコルトリボルバーと比較すると銃身の肉厚が増やされている。弾薬として.357マグナム弾も使用でき、特に2インチモデルは小型でありながらもマグナム弾の発射が可能な拳銃となっている。

バリエーションとしてはエジェクターロッドシュラウドを持たない前期型とシュラウドを持つ後期型がある。1980年代には「ローマンMkⅢ」は、基本設計はそのままでメカニズムに改良を加えた「MkVシリーズ」に更新され、「ローマンMkV」となった。

現在のアメリカにおいては非常にマイナーな機種となっているが、日本においては1970年代~1980年代の刑事ドラマに多く登場する拳銃なため知る人ぞ知るという存在だが、実際に日本の警察に使用された記録はないとされている。

コルト・トルーパー[編集]

1953年に発売されたコルト社のマグナムリボルバー。2年後の1955年に同社の傑作であるパイソンが登場したため地味な存在となってしまったが、ローマンMkⅢの発売と同時期の1960年代に、S&W M19を思わせるバレルシュラウドを持った「トルーパーMkⅢ」にリニューアルされたことで、アメリカではある程度の知名度を持つようになった。それからは.357マグナム弾を使用する標準モデルの他に、ユーザーからの要望で.22マグナム弾を使用するものも製造されるようになった。

1980年代には「MkVシリーズ」に更新され、パイソンを思わせるベンチレイテッドリブを持つ「トルーパーMkV」となった。このトルーパーMkVの銃表面のバフ磨き鏡面仕上げを省略した廉価版として「ピースキーパー」も作られたが、数年後には同社のリボルバーであるキングコブラアナコンダにとって代わられることとなった。

英語版ページ

コルト・ローマン及びトルーパーが登場する作品[編集]

日本の刑事ドラマではコルト32オートと同じくらい古くから使用されている拳銃である。ただしアメリカにおいてはマイナーな機種ということもあって、日本国外の作品には殆ど登場しない。

映画・テレビドラマ[編集]

非情のライセンス
主役の会田刑事(天知茂)がコルト・ローマン2インチのショートバレルを愛用し、これが日本の劇中で使用された。
西部警察
登場するほとんどの刑事が使用。
あぶない刑事
大下を始めとする港署の刑事が使用。大下勇次は、TV「あぶない刑事」~映画「またまたあぶない刑事」まで使用。町田透はTV「あぶない刑事」第1話「暴走」~第30話「黙認」まで使用。
噂の刑事トミーとマツ
トミーが使用。
刑事貴族
原田刑事がPART2~PART3前期まで4インチモデルを、PART3後期では2インチモデルを使用した。
あいつがトラブル
大都会
大追跡
太陽にほえろ
石塚刑事 (ゴリさん) がトルーパー4インチを使用。滝刑事 (スコッチ) がトルーパー6インチモデルを使用した。
特捜最前線
代表取締役刑事
刑事課課員の殆どの刑事が使用。
はみだし刑事情熱系
高見刑事を筆頭に、広域捜査隊の殆どの刑事が使用。
風の刑事・東京発!
風間刑事が2インチモデルを使用。
はぐれ刑事純情派
ゴリラ・警視庁捜査第8班
谷川刑事 (谷川竜) が4インチモデルを使用。
ゲッタウェイ
ルディ・バトラー (アル・レッティエリ) がパイソン6インチモデルを使用していたが、後半からトルーパー6インチモデルにすり替わっている。
組織
ジョー・ドン・ベイカーロバート・ライアンがローマン前期型を使用。
ブラック・サンデー
カバコフ少佐(ロバート・ショウ)がローマン2インチモデルを使用。

漫画・アニメ[編集]

シティーハンター
槇村香の愛銃 (兄、槇村秀幸の形見の品。ローマンMkⅢの2インチモデルを使用)
滅びの笛

脚注[編集]

  1. ^ メトロポリタンポリス、本項で採り上げるローマンとトルーパーの3機種を指す
  2. ^ 具体的には、パイソンがリーフスプリング式と呼ばれるのに対して、MkⅢシリーズ(やこれ以降に登場したリボルバー)がコイルスプリング式と呼ばれている。

関連項目[編集]