コリン・マクローリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コリン・マクローリン

コリン・マクローリン(Colin Maclaurin, 1698年2月 - 1746年6月14日)は、スコットランド数学者である。マクローリン展開で知られる。1717年に19歳の若さでアバディーン大学マーシャル・カレッジ教授に就任(2008年にアメリカのアリア・サバー韓国建国大で18歳で教授になるまで、最年少記録)。エディンバラ大学教授。

若い頃、高齢のアイザック・ニュートンと一緒にロンドンで研究したことがあり、1725年、ニュートンはマクローリンの才能を認め、大学宛てにマクローリンの推薦状を書いている。マクローリンは、ニュートンの弟子であることを自認して、彼の考えを広く紹介し、『導関数論』(Treatise of Fluxions)を1742年に出版し、また、1748年『サー・アイザック・ニュートン』(Sir Isaac Newton's Philosophical Discoveries)を出版して、ニュートンの考えを明快に解説し、スコットランド啓蒙運動に多くの影響を与えた[1]

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・レプチェック著、平野和子訳『ジェイムズ・ハットン -地球の年齢を発見した科学者-』春秋社 2004年 69-70ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]