コモロにおけるLGBTの権利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コモロにおけるLGBTの権利
コモロ連合
同性間の性交渉 非合法[1][2]
刑罰:
5年間の禁錮及び罰金刑[1][2]
性自認/性表現 -
同性間の関係性の承認 -
同性カップルによる
養子縁組の引受
考慮されていない
同性愛者を公表しての軍隊勤務 -
差別保護 なし

コモロにおけるLGBTの権利(コモロにおけるLGBTのけんり)では、コモロ連合におけるLGBTの法的状況について扱う。

コモロ国内においてはLGBTは法的な問題に直面している。コモロ国内における異性愛の性行為については13歳で既に承諾年齢として認められるのに対し、同性愛の性行為は「自然に反する行為」として違法行為にあたる。この「自然に反する行為」は、男性においても女性においても違法であり、法によって5年間の禁錮刑及び50,000から100,000コモロ・フラン罰金刑が定められている[1][2]同性婚は認められておらず、性的指向に関する差別からの法的な保護も特に定められていない。また、アメリカ合衆国国務省の2010年国別人権報告書は、「同性愛に関係する者は社会的な圧力によって自分たちの性的嗜好について議論することがこれまで行われず、またこのため国内にはLGBTに関する組織が存在しない」と言及している[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c State-sponsored Homophobia: A world survey of laws prohibiting same sex activity between consenting adults”. 2011年10月22日閲覧。(英語)、2011-10-22閲覧。
  2. ^ a b c “Penal Code of the Federal Islamic Republic of Comoros”. Comoros Law. http://www.comores-droit.com/code/penal 2008年3月4日閲覧。 (フランス語)、2011-10-22閲覧。
  3. ^ COMOROS-U.S. Department of State{{{1}}} (PDF)(英語)、2011-10-22閲覧。