コモドーロ・リバダビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コモドーロ・リバダビアの海岸沿い

コモドーロ・リバダビア西: Comodoro Rivadavia)は、アルゼンチン南部の都市。人口は13万6000人(2001年)と、南部アルゼンチンで最大級。州都ではないがチュブ州に属し、サンホルヘ湾Golfo de San Jorge)の奥部に位置する。コモドーロ・リバダビアは石油を産し、都市は近代的で繁栄している。天然ガスパイプライン首都ブエノスアイレスへ送っている。

1980年代、ブエノスアイレスへの人口一極集中が進み、過密スラム化などが問題となっていることから、コモドーロ・リバダビア地域に遷都の計画があったが、現在まで話は進んでいない。