コミンテルン執行委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
機関誌『共産主義インターナショナル』第9号の表紙、1920年

コミンテルン執行委員会ロシア語: Исполнительный комитет Коммунистического интернационала;ИККИ英語: Executive Committee of the Communist International;ECCI)は、共産主義政党による国際組織コミンテルンにおいて、大会から次期大会までの間を指導していた執行機関である。

概説[編集]

歴代議長は下記のとおり。

歴代会議

会議名称 開催年 開催日 会場 代議員
コミンテルン創立大会 1919 3月2–6日 モスクワ 30か国52名、34+18
アムステルダム・ビューロー会議 1920 2月10–11日 アムステルダム 16
コミンテルン第2回大会 1920 7月19日-8月7日 ペトログラード[1]、モスクワ 41か国218名、167+≈53
第1回東方諸民族大会 1920 9月1–8日 バクー
コミンテルン第3回大会 1921 6月22日-7月12日 モスクワ 52か国605名
第1回極東諸民族大会 1922 1月21日-2月2日 モスクワ、ペトログラード 148名
コミンテルン第1回拡大執行委員会 1922 2月24日-3月4日 モスクワ 105
コミンテルン第2回拡大執行委員会 1922 6月7–11日 モスクワ 41 + 9
コミンテルン第4回大会 1922 11月5日-12月5日 ペトログラード、モスクワ 58か国408名、340 + 48
コミンテルン第3回拡大執行委員会 1923 6月12–23日 モスクワ
コミンテルン第5回大会 1924 6月17日-7月8日 モスクワ 324 + 82
コミンテルン第4回拡大執行委員会 1924 6月12日、7月12–13日 モスクワ
コミンテルン第5回拡大執行委員会 1925 3月21日-4月6日 モスクワ
コミンテルン第6回拡大執行委員会 1926 2月17日-3月15日 モスクワ 77 + 53
コミンテルン第7回拡大執行委員会 1926 11月22日-12月16日 モスクワ
反植民地主義反帝国主義世界会議 1927 2月10–15日 ブリュッセル 152
コミンテルン第8回拡大執行委員会 1927 5月18–30日 モスクワ
コミンテルン第9回拡大執行委員会 1928 2月9–25日 モスクワ 27か国92名、44 + 48
コミンテルン第6回大会 1928 7月17日-9月1日 モスクワ 57か国532名
コミンテルン第10回拡大執行委員会 1929 7月3–19日 モスクワ 36 + 72
第2回反帝同盟会議 1929 7月 フランクフルト
コミンテルン拡大執行委員会 1930 2月25日- モスクワ
第1回黒人労働者国際会議 1930 7月7–8日 ハンブルク 17 + 3
コミンテルン第11回拡大執行委員会 1931 3月26日-4月11日 モスクワ
コミンテルン第12回拡大執行委員会 1932 8月27日-9月15日 モスクワ 38 + 136
コミンテルン第13回拡大執行委員会 1933 11月28日-12月12日 モスクワ
コミンテルン第7回大会 1935 7月25日-8月21日 モスクワ[2] 57か国65共産党510名

脚注[編集]