コミッション (マフィア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コミッション(The Commission)とは、アメリカの犯罪組織マフィアコーサ・ノストラ)の各ファミリーのボスの集まりで、全国委員会などと訳される。

本来は全国の代表が集まるが、東部のボスあるいはニューヨークのボスだけの集まりを指して言う場合もある。現在では、五大ファミリーの他にシカゴ・アウトフィットフィラデルフィア一家が中心となっている。

史上最も有名かつ大規模だったコミッションは、1957年にニューヨーク州の町オウェゴ(Owego)の郊外アパラチン(Apalachin)で開かれたアパラチン会議である。この会議はニューヨークの五大ファミリーの一つのボスのアルバート・アナスタシアの暗殺事件の後始末の相談ために開かれたが、警察の取り締まりにあって多くのボスや幹部が逮捕され、初めて一般大衆にマフィアの存在を知らしめることとなった。