コミセール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コミセール (Commissaire) またはコミッセールとは、自転車競技における競技役員の名称。世界選手権などではUCIの任命、そのほかの国際大会や世界選手権における補佐などは各主催国連盟(日本では日本自転車競技連盟)により大会に派遣される。

競技運営にも関わる部分が多く、日本語での”審判員”とは少々異なる存在。種目により異なるが5名程度のパネル(団)として内1名がプレジデント(長)となり、競技進行を行う。

国際的には、UCIが講習・試験による資格者を認定しており、国際コミセールと呼ばれ、66ヶ国に約650名がおり内アジアには79名。種目別では、ロード・トラックレース310、マウンテンバイク165、BMX75、シクロクロス277、インドア77、トライアル31名(重複者あり)となっている。(2005資料)

国際コミセールについてはUCIの競技規則に、また各国のナショナル・コミセールは各国連盟競技規則により規定されている。

*国際自転車競技連合(UCI)競技規則抜粋:訳/公益財団法人日本自転車競技連盟 PART 1 GENERAL ORGANISATION OF CYCLING AS A SPORT スポーツとしての自転車競技組織 (version on 1. 10.13) §4.Commissaires §4.コミセール 1.1.047 The commissaire is an official designated by the UCI or a National Federation to ensure that cycling events comply with such provisions of The Regulations as may apply. コミセールは,開催される競技大会を,しかるべき自転車競技規則の規定に従って行わせるため にUCIまたは国内連盟によって公式に任命される役員である.


2012年には国際コミセールの種目別専門化(Specialisation)およびアンチ・ドーピング検査官との区分が決定され、それぞれの種目での資格者は次のようになっている。(2014資料) 国際:BMX35、シクロクロス58、インドア71、マウンテンバイク93、パラサイクリング20、トラック125、ロード181、トライアル30(重複して資格を所持する者あり)/ 大陸ごと/ アフリカ:BMX0、シクロクロス0、インドア0、マウンテンバイク5、パラサイクリング0、トラック2、ロード3、トライアル0/ アメリカ:BMX9、シクロクロス5、インドア0、マウンテンバイク22、パラサイクリング5、トラック26、ロード26、トライアル0/ アジア:BMX2、シクロクロス0、インドア22、マウンテンバイク9、パラサイクリング4、トラック17、ロード13、トライアル1/ ヨーロッパ:BMX18、シクロクロス53、インドア49、マウンテンバイク51、パラサイクリング8、トラック73、ロード132、トライアル28/ オセアニア:BMX6、シクロクロス0、インドア0、マウンテンバイク6、パラサイクリング3、トラック7、ロード7、トライアル1/

日本では、BMX1、シクロクロス0、インドア10、マウンテンバイク1、パラサイクリング1、トラック4、ロード4、トライアル0(総数は15名)


参考項目[編集]

外部リンク[編集]