コマーロム・エステルゴム県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コマーロム・エステルゴム県

コマーロム・エステルゴム県(Komárom-Esztergom megye)は、ハンガリーの県。県都はタタバーニャ。人口は約37万5千人。

コマーロム県とエステルゴム県が合併して成立した。コマーロムや、ハンガリー建国史と深く結びつくエステルゴムなどが、同県を代表する都市である。

県の北境はスロヴァキアとの国境であり、ドナウ川で隔てられている。県内のコマーロムやエステルゴムからスロヴァキアに陸路で入国が可能である。南境でフェイェール県、東境でペシュト県、西境でジェール・モション・ショプロン県と接している。西南端ではヴェスプレーム県とも接している。

写真[編集]

Central-Europe-map.png この「コマーロム・エステルゴム県」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ