コマンド (部隊編成)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

軍事用語としてのコマンド英語Command)は、軍隊における組織の呼称の一つである。その規模や性格には様々なものがある。

日本語訳[編集]

Command と称される軍隊組織の日本語表記には、カタカナの”コマンド”[1]”や司令部”の訳語が見られるが、師団連隊のような規模や任務による定義がなく、定訳も存在しない。多くの場合”司令部”と訳すことはできないとする意見もあるが[2][3]防衛研究所などでも訳語として使用されている[4][5]。また航空自衛隊の航空総隊(Air Defense Command)などの様に司令部にはcommandではなく headquarters[6]が使用されている例もある。この様に一貫した日本語での用法に混乱が見られるが、当該組織の性格、機能、規模などに応じて、”総監部””集団”軍団級または師団級に相当)、(師団級または旅団級に相当)、連隊級または大隊級に相当)、”部隊””隊”などと訳されている場合もある[7]

アメリカ国防総省による定義[編集]

1950年代アメリカ合衆国陸軍では部隊改編に伴い、師団に対する兵站連隊(Logistics Regiment)、軍団に対する兵站師団(Logistics Devision)を組織するよう提案があった。しかし、中央部は師団・連隊の編制は戦闘部隊に与え、支援部隊の編制に対してはコマンドを用いるよう研究当局に指導した。これにより師団向け支援コマンドには師団支援群と、軍団向け支援コマンドには軍団支援団または集団と、戦域軍レベルには戦域支援団また集団と呼称される[2]。これ以外の支援部隊では、陸軍の交通統制部隊、犯罪捜査隊、麻薬対策隊などの小規模部隊でもCommandで、規模によりこれはとなる[2]

アメリカ国防総省では「Command」という用語について、以下の3種類のように定義している。

DOD 1[編集]

指揮権と、それに付随する職務に関するコマンドの定義についてである。

(DOD) 1 "The authority that a commander in the armed forces lawfully exercises over subordinates by virtue of rank or assignment. Command includes the authority and responsibility for effectively using available resources and for planning the employment of, organizing, directing, coordinating, and controlling military forces for the accomplishment of assigned missions. It also includes responsibility for health, welfare, morale, and discipline of assigned personnel."

英語原文。 [8]

軍隊指揮官が隷下部隊及び個人に対し法規に基づき行使する指揮権である。指揮には所命の任務遂行のため利用可能な人的物的手段の活用、隷下部隊の運用計画の作成、指令、調整及び統制の監督指導から成る。指揮には部下将兵の健康、福祉、士気及び規律の維持高揚に関する責務も含まれている。

参考文献から引用。[2]

DOD 2[編集]

具体的な命令に関するコマンドの定義である。

(DOD) 2 "An order given by a commander; that is, the will of the commander expressed for the purpose of bringing about a particular action."

英語原文。 [8]

具体的な行動に関する目的を明示した指揮官の命令である。

参考文献から引用。[2]

DOD 3[編集]

組織などに関するコマンドの定義である。

(DOD) 3 "A unit or units, an organization, or an area under the command of one individual. Also called CMD. See also area command; combatant command; combatant command (command authority)."

英語原文。 [8]

一指揮官が指揮権を及ぼす単一又は複数の部隊、単一の組織及び地域である。

参考文献から引用。 [2]

その他の国[編集]

現代ドイツでは、コマンドとは旅団級以上の指揮組織の名称を指している。大規模部隊[9](旅団コマンドや師団コマンドなど)のコマンドは、言語学的にしばしば、それぞれの指揮階梯に対応する部隊と同等とみなされる。この場合のコマンドは、前者の意味合いでは司令部とされ、後者では対照的にその下位部隊とされる。

脚注[編集]

  1. ^ 例:竹内
  2. ^ a b c d e f 高井 P182からP183
  3. ^ 例えば『ランダムハウス英和大辞典』では、司令部の訳以外にも司令官管轄下の部隊司令官管轄区域や、『ジーニアス英和辞典』では管轄地域管下の部隊などの用法もある。
  4. ^ 『防衛研究所紀要 第14巻第1号』(2011年12月)
  5. ^ 防衛研究所『平成21年度安全保障国際シンポジウム報告書』
  6. ^ 航空総隊司令部
  7. ^ 指揮階梯と「団」は参考文献中の用例を参考に補足。
  8. ^ a b c DOD Definition of command
  9. ^ Großverbände。ここでは旅団級以上の部隊を指している。

参考文献[編集]

  • 高井三郎『現代軍事用語 解説と使い方』アリアドネ企画、2006年。
  • 竹内修「新時代おけるイギリス陸軍」、『PANZER』第511号、アルゴノート社、2012年6月、 66-77頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]