コマンダン・テスト (水上機母艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Commandant-Teste.jpg
アメリカ海軍の1942年11月9日版識別用写真
艦歴
起工 1927年5月
進水 1929年4月12日
就役 1932年
その後 1942年11月27日、トゥーロンにて自沈
1963年解体完了
除籍 1950年
性能諸元
排水量 基準:10,000トン
満載:12,134トン
全長 167.0m
156.3m(水線長)
全幅 27.0m
吃水 6.7m
機関 ヤーロー・ロアール重油・石炭混焼水管缶4基
+シュナイダー・ゾーリー式ギヤード・タービン2基2軸推進
最大
出力
21,000hp
最大
速力
20.5ノット
航続
距離
10ノット/6,000海里
燃料 石炭:720トン
重油:290トン
乗員 686名
兵装 Model 1927 10cm(45口径)単装高角砲 12基12門
Model 1925 37mm(60口径)単装機関砲 8基8門
Model 1929 13.2mm(76口径)連装機銃 6基12門
装甲 舷側:50mm(水線部)
甲板:50mm(主甲板)
舵機室:26mm(最厚部)
司令塔:80mm(側盾)、30mm(天蓋)
航空
兵装
水上機26機 カタパルト4基
揚収クレーン4基)

コマンダン・テスト(Commandant Teste)は第一次世界大戦後にフランス海軍が建造した水上機母艦で同型艦はない。

概要[編集]

本艦はフランス海軍の1926年度海軍計画において水上機母艦1隻を整備することが議会で承認された。水上機母艦としての哨戒任務や艦隊の水上機の整備と補給を行う工作艦としての施設も設計に盛り込まれた。船体には長さ84メートル×幅27メートルの格納庫とカタパルト4基、吊り上げ能力5~12トンのクレーン4基など本格的な航空装備と補修用の工作設備を有する水上機母艦となった。自衛用として10cm単装高角砲12門と各種対空火器を搭載し、防御装甲も舷側と主甲板に50mm装甲を貼るなど一世代前の軽巡洋艦並であった。

搭載機は主に水上攻撃機と小型飛行艇で1930年代後半にはラテコエール 298水上攻撃機12機とロワール・ニューポール 130小型飛行艇14機を搭載していた。

艦歴[編集]

1926年度計画で建造。1927年5月にジロンド造船所で起工。1932年竣工。

第二次世界大戦時には搭載機は沿岸基地配備となった。1940年7月3日メルセルケビールMers El Kébir)でイギリス海軍攻撃を受けた。その後トゥーロンに移ったが1942年11月27日トゥーロンでフランス艦隊が自沈した際にコマンダン・テストも自沈した。1943年5月、イタリアにより一旦浮揚されたが、1944年8月に撃沈。

戦後、1946年に浮揚され高速軍隊輸送艦か練習空母への改造が検討されたが、結局1950年に売却され、1963年に解体された。

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 世界の艦船 増刊第17集 第2次大戦のフランス軍艦」(海人社
  • 「Conway All The World's Fightingships 1922-1946」(Conway)

参考リンク[編集]