コマチアイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コマチアイト
 —  火山岩  —
コマチアイト
カナダ楯状地のコマチアイト、大きさ9cm
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学
テンプレートを表示

コマチアイト: komatiite[1])は超苦鉄質マントルに由来すると考えられる火山岩の一種。

名前は南アフリカコマチ川に由来する。

性質・特徴[編集]

マグネシウム分が18%以上と高く、シリカ他の成分が少ない特徴を持つため、カリウム他に富むキンバーライトとも異なる。始生代の岩石がほとんどで、変成作用を受けている。このマグマ溶融点は1,600℃で玄武岩より高く、当時の地球がより高温であったと推定される。

アルミニウムの有無で2種類に分けられる。これはマントル内部での部分溶融の程度による。

化学組成
成分 コマチアイト[2]
SiO2 45.8
TiO2 0.30
Al2O3 7.30
Cr2O3 0.20
Fe2O3
FeO 11.2
MnO
MgO 26.1
CaO 7.60
Na2O 0.70
K2O 0.10
P2O5
合計 99.3

コマチアイト溶岩は流動性が著しく、割れ目に入り込み、厚い堆積層をつくらなかった。ただし、シル状に500mの厚さを持つ場合があり、ニッケルコバルトに富むため、オーストラリアカナダ南アフリカガイアナ楯状地で、鉱床価値が高い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本地質学会編 『地質学用語集 - 和英・英和』 共立出版2004年、328頁。ISBN 4-320-04643-9
  2. ^ 国立天文台編 「おもな火成岩の化学組成」『理科年表 平成20年』 丸善2007年、631頁。ISBN 978-4-621-07902-7

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]