コホルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コホルス(羅:cohors)とは、古代ローマローマ軍において、重装歩兵からなるローマ軍団(レギオ)の編成単位。現代の軍隊編制における大隊におおよそ相当するとされ、歩兵大隊などと訳される。

通常、コホルス1個はマニプルス(歩兵中隊)3個、マニプルス1個はケントゥリア(百人隊、歩兵小隊)2個から構成されていたので、コホルス1個はすなわち6つのケントゥリアから構成されている計算になる。なお各レギオの第1コホルスは名誉ある部隊とされ、通常の2倍の兵力で構成された。 1個コホルスの人員は時代によって異なり、マリウスの軍制改革以後では定員600人ほどという計算になるが、実際には定員割れを起こしていることが多かったとされる。のちにアウグストゥスの治世では450人となった。

コホルスの指揮は上位のケントゥリオン(百人隊長)が担い、下位のケントゥリオンに命令を下した。またコホルスの中でも第1コホルスの指揮は「プリムス・ピルス」と呼ばれる筆頭ケントゥリオンが執った。

関連項目[編集]