コホオアカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コホオアカ
コホオアカ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ホオジロ科 Emberizidae
: ホオジロ属 Emberiza
: コホオアカ E. pusilla
学名
Emberiza pusilla
Pallas, 1776
和名
コホオアカ
英名
Little Bunting
Emberiza pusilla

コホオアカ (小頬赤、学名:Emberiza pusilla) は、スズメ目ホオジロ科に分類されるホオジロの仲間。和名の由来は、ホオアカに似たの小型の種より。

分布[編集]

スカンジナビア半島北部からロシア、シベリア、カムチャッカ半島で繁殖し、冬季はネパール東部、インド北東部からインドシナ北部、中国南部、台湾に渡る。

日本では数少ない旅鳥または冬鳥として全国で記録がある。日本海側の島嶼部や南西諸島では、春秋の渡りの時期に毎年記録されている。

形態[編集]

体長12.5cm。ホオジロ類で最小の種である。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
ホオジロ亜科 Emberizinae
ホオジロ族 Emberizini

画像[編集]

下がコホオアカ、上はカシラダカ

下がコホオアカ、上はカシラダカ

脚注[編集]

  1. ^ Emberiza pusilla (Species Factsheet by BirdLife International)


関連項目[編集]