コペルニクス的転回

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コペルニクス的転回(コペルニクスてきてんかい、: Kopernikanische Wende)とは、物事の見方が180度変わってしまう事を比喩した言葉。

概要[編集]

元々は哲学者のイマヌエル・カントが自らの哲学を評した言葉であった。

ニコラウス・コペルニクスは、それまでの常識であった地球中心説に対して太陽中心説を唱えた天文学者である。

認識論において、人間の認識は外部にある対象を受け入れるものだという従来の哲学の常識に対し、カントは人間は物自体を認識することはできず、人間の認識が現象を構成するのだと説いた。人間の認識自体を問う近代的な認識論が成立した。

これから派生して、物事の見方が180度変わってしまうような場合にも使われる(パラダイム転換と同じような意味)。現在ではカントの哲学の事ではなく、この派生した使い方で主に用いられる。

なお、実際にはコペルニクスに先行して太陽中心説を提唱した学者は大勢おり、コペルニクスの独創ではない。またコペルニクスも天体は円運動をするという固定観念に縛られており、これを修正し実際には楕円運動をしている事を発見したのはヨハネス・ケプラーであった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]