コブラナイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コブラナイ (Coblynau) は、ウェールズ地方の鉱山に棲むとされる妖精ゴブリンの仲間とされる。ドイツのコーボルト、イングランド、コーンウォールのノッカーに相当する。 黒、赤銅色の顔をし小柄であり単数だとコブラン、複数だとコブラナイと呼ぶ。 身長は50cmくらいで、鉱夫の格好をしている。

見た目はとても醜いが、ノッカーのように「コンコン」と岩盤を叩く音をたて、 鉱夫達に良質の鉱脈を知らせてくれるという。

他にも、コブラナイの姿を見たり聞いたりした者は、良い事があるといわれる。

馬鹿にされると、目に見えない手で怒って石を投げてくるとされる。


参考文献[編集]

  • 草野巧 『幻想動物事典』 新紀元社、1997年、140頁。
  •  キャロル・ローズ著 世界の妖精・妖怪事典 原書房