コブスタン国立保護区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 コブスタンの岩絵の
文化的景観
アゼルバイジャン
保護区の入り口
保護区の入り口
英名 Gobustan Rock Art Cultural Landscape
仏名 Paysage culturel d'art rupestre de Gobustan
面積 537.22 ha
(緩衝地域 3,096.34 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (3)
登録年 2007年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

コブスタン国立保護区は、アゼルバイジャンコブスタンQobustan)の西部にある1966年に設定された保護区。この年に、アゼルバイジャンは、この地の古代の彫刻物群や泥火山を守るために、国定史跡に設定したのである。首都バクー中心部からは40マイル南西にある。2007年にユネスコ世界遺産に登録された(登録名は「コブスタンの岩絵の文化的景観」)。

コブスタン国立保護区は考古学的な記念碑類が多く残っており、岩絵は60万点を超えている。岩絵に描かれているのは、太古の人類や動物、戦い、宗教的な舞踏、闘牛、武装した漕ぎ手の乗る小舟、槍を携えた戦士、ラクダの隊商、太陽や星々など多彩で、平均して5000年から20000年遡ると考えられている[1]

今日のコブスタンは、アゼルバイジャンで一番人気のある国立保護区で、この国にとってかけがえのない宝庫になっている。

先史的彫刻群[編集]

この地域に見られる数々の岩絵は、コーカサスにおける先史時代の生活の魅力的な姿を伝えている。保存状態の良好な岩絵からは、アシの舟に乗って旅をする人々、レイヨウスイギュウを狩る男たちや踊る女性たちの姿が読み取れる[2]ノルウェーの有名な人類学者トール・ヘイエルダールは、1961年から、亡くなる2002年までの間、何度もアゼルバイジャンを訪れ、彼のSearch for Odinプロジェクトの一環として、この保護区の研究を行った。

コブスタンの岩刻壁画
泥火山

泥火山[編集]

地球に700ある泥火山のうち、400がコブスタンとカスピ海にあると見積もられている[3]。多くの科学者たちも地元の人同様、コブスタンのような場所を訪れると最後には、薬効があるとされる泥を塗ってみたくなるという[4]。泥火山は地下で固まっていない泥が断層など割れ目を伝って地表に吹き上がって出来る。約20年間に一度の周期で生じると言われる。

2001年にバクーから15 kmのところにある泥火山が世界でニュースになった。突然に15mもの高さの炎を吹き上げたからである[5]拝火教ゾロアスター教)が生まれた理由はこのような地質現象に関係があると見られる。


世界遺産[編集]

コブスタン国立保護区は、1998年に世界遺産の暫定リストに登録され、2004年に審議されたが、そのときは調査不足などから登録見送りが決定された。しかし、2007年の世界遺産委員会で再審査された結果、「コブスタンの岩絵の文化的景観」の名で、世界遺産への登録が認められた。

登録基準[編集]

国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)は、世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと認定し、世界遺産として登録した(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]
  4. ^ [4]
  5. ^ [5]

座標: 北緯40度06分20秒 東経49度23分20秒 / 北緯40.10556度 東経49.38889度 / 40.10556; 49.38889